最近、いろいろインプットをしようと思って

本やら映画やらを意識的に見るようにしてるのだけど

おととい、とっても久しぶりにディズニーの「ピーターパン」を見ました。

小さい頃、私はこのアニメーションが大好きだったらしい。

何度も見ていたそうで、たしかに、今見返しても

「うわあ… ここめっちゃ覚えてる…」というシーンがもりだくさん。

 

細かいところを覚えているものですね。

ウェンディ達のパパの、服の襟が、びよんびよんしなるとことか

乳母(?)で犬の「ナナ」の、重たそうなお尻の感覚とか。

ストーリーってうろ覚えなんですが、細かい色彩とか、質感とか

そういうものばっかり覚えている。

 

まあ、そんなわけで懐かしいなーと思いながら見返して

今回、思ったことがひとつ。

 

ピーターパンが、女の子にデレデレし過ぎだ!!!

 

彼、こんな女の子好きだったっけ??

ウェンディに出会ったら、パートナーのティンカーベルそっちのけ。

人魚の入江に行ったら、人魚と笑い合ってウェンディそっちのけ。

インディアンの娘タイガー・リリーに好意を持たれたら、またウェンディそっちのけ。

最終的にティンカーベルに「君が一番大事なんだ」!!

悪気がないって、ほんと、罪!

 

…。

 

彼の行く末が心配である。

でも大人にならないのから、いいのか。ピーターパンは。

まー何にせよ、そんな部分が気になってしまう私は

なんか、嫌な大人になったのかもなと思いました… 笑

でも気になったよ!!

無邪気でも、ああいう無邪気は好きじゃないよ!

 

というわけで、今回はストーリー云々より

大人になった自分と、大人にならないピーターを見つめる機会となりました。

うーん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)