思うこと

弱いということ

先日、「弱気」という記事を書いてからずっと、

「弱い」ということについて考えてるのですが(しつこいですね…笑)

やはり、たびたび、自分って弱いなと感じる。

 

くよくよしたり、不安になったり、逃げ出したくなったり、

そんな自分を見つけるたびに、「なんて弱いんだろうか」と思う。

 

「強くなりたい」というのが、ついこないだまで、ものすごく頭にありました。

ライブで緊張したり、お客様の目を気にしすぎたりして、

思い切り演奏ができない自分が嫌だったから。

 

けれどこの前、そんな話を友人にしたら、

「強くなることと、心に響く歌が歌えるようになることは、

必ずしも同じではないんじゃないの」

と言われて、ハッとした。

 

「強い」とか「弱い」って、どういうことなんだろう。

 

私が一番涙が出そうになる瞬間は、

辛いときに、誰かの優しさを思い出してしまう瞬間。

悩んでるとき、嫌な思いをしたとき、傷いたとき、

家族、友達、ファンの方、大切な方達の、優しい言葉を思い出してしまう。

すると、鼻の奥がツンとして、絶対に涙が出る。胸が苦しくなる。

昔からそうだった。

苦しい時ほど、以前にもらった愛情が、心に染みて痛いのだ。

 

今日も、ふと、前にもらった嬉しいメールや、

大切な思い出を思い出して、涙がにじんでしまった。

 

大切なものが増えていきます。

生きれば、生きるほどに。

それに支えられて生きて、それを守りたいと思う。

けれど、その分、涙も出ることもある。

それが大切であれば、あるほどに。

 

大切なものができるということは、少し強くなるということ。

そして、同じように、少し弱くなるということ。

そんな気がする。

そしてこの弱さは、どこかいとおしい。

 

「弱い」って、どういうことなんだろう。

どうして私は、「弱い」自分が嫌いなんだろう。

 

誰かが言っていた。

「本当の強さとは、自分の弱さを、とてもよく知っているということ」

 

私はきっと、とても弱いんだろう。

まだ認められないのだけど、

ちゃんと、わかってあげたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)