紗来展が、猛烈な勢いで近づいて参りました。

それと同時に、私のテンパり具合も、クライマックスを迎えようとしております。

ああ、どうしてどうして、いつもこんなに余裕が無いの…

時間との勝負になって参りました。

 

11月から始めたアルバム制作からの、

この第3回紗来展準備で、

ノンストップに走り続けてる感があるんですけど

改めて思うのは

時は、金なり…

 

まじで!時は金なり!金なり!(うるさい)

 

ほんとに大事ですね。時間って。

大切に使わないと。

今や一分一秒も惜しい。というのは言い過ぎだけど、気分的にはそれくらい惜しい。

 

今回は、2部構成。

第二部は全面、朗読歌劇です。

ひとりの女の子「景」の旅の物語。

 

もうずっと、景のことを考えている。

彼女は私が創り出した子だけれども、自分でもよくわからないけれど

私は、彼女を通して、何が伝えたいのだろう

 

自分の伝えたいことが、相手に伝わるか。

これは人間の永遠の課題ですね。

私は歌という方法を通して、

人に、自分を伝える方法を追い求めている。

 

この一週間が、勝負。

できる限り、力を尽くします。

最後の最後まで、どうすれば伝わるか、追求してみせます!

“時は金なり” への2件のコメント

  1. 猛烈な勢いで近づいて参りました。←気分的にね^^;

    すごいね。作曲家、演奏家だけじゃなく世界を造るみたいな・・・
    映画監督みたいな・・・

    楽しみにしてます!
    弟も行きたいそうなので行きます。も一人予約お願いします。

    1. ぶまくん

      弟くんも!!ありがとう!!ぜひぜひ二人で来て下さい!うれしいなあー

      まさに、脚本・監督・主演「自分」ですよー笑
      ものすごい自作自演だね笑
      コントロールするのが難しいよ。すぐにテンパってしまう!!

      でも、やるだけやるから!
      楽しみにしててください!ほんとにありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)