こんばんは。紗来です。

先日、映画「レディ・プレイヤー1」を観に行ってきました。

ちなみに、2回目です。

先週初めてみて、大変、大変、大変、心奪われてしまいました。

すばらしい。

(あらすじなどはぜひ公式サイトでごらんください)

 

スティーブン・スピルバーグ監督の最新作。

観終わった最初の感想は

「スピルバーグ監督ってやっぱすご!!!」

 

ほんとにすごい!

とにかくおもしろくてあっという間の二時間半。ほんとに二時間あった?って思ったくらい。終わってほしくなかった!

ドキドキ、ワクワク、夢と冒険の王道アドベンチャー

だけどときどきほろ苦くて、だれもが少しは感じたことのある痛みだったり後悔だったり、孤独だったり

そういうものが、すんなりと、いつのまにか自分に伝わってきていて

クライマックスのシーンでは、自然に涙が出た。

ほんとに、ほろりと、すーっと、涙が頬を伝った。

あの感情はどう表せばいいのだろう??

 

文句なしに面白い上に、人間のいとおしさみたいなものがしっかりと伝わってくる

そんな映画は久しぶりに会ったような気がする。

なんだか、子供の頃の、キラキラしていた世界を思い出した。

映画が好きで好きでたまらなかった頃を思い出した。

 

いまの私は、あの頃のようなみずみずしい感情はもうほんとに持って無くて

よくも悪くもおとなになってしまったと思うし

毎日、「つかれたー」が口癖のようになってるこの日々だけど

「レディ・プレイヤー1」を観た感動を思い出すと、なんだか元気が出る。

かかっていた80年代の音楽を思い出すと、元気が出る。

それってすごいことではないか!

 

本当にすばらしい映画でしたよ。

人生で初めて、公開中に2回も同じ映画観ましたよ。

 

おすすめです。

特に子供の頃テレビゲームが好きだった人はほんとにハマると思う。

弟や父がゲームやってるのを隣で見ながら、キャーキャー騒いでたころ、思い出した!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)