よくわからないものは不安である。

 

何事につけでも、そうです。

全体像がわからない。

相手のことがよくわからない。

自分のことがよくわからない。

正しいかどうかわからない。

人間、ワカラナイことほど不安なことはない。

 

だから、「判断」しようとするわけです。

 

私は意外と女子的な一面もかろうじて持っており、

星占いとか結構好きで読むんですが、昨日ある一文に出会ってハッとした。

『人が占いを読んで、自分のことや誰かのことを知ろうとするのは、

そこに「判断」を求めているからです。

自分や、相手のことを知りたくて、でもわからなくて、

だから、「この人は、こういう人だ」と占いが判断してくれたら、

それで不安が少し解消されるからです。』

的なことが書いてあった。(すみません、どの本か忘れてうろ覚え…)

なるほどその通りだと思う。

 

占いに限らず、さまざまなことにおいて、人は「判断」してもらいたがる。

「こうです!」と決めてもらいたがる。

私もそう。

よくわからないのは、不安だ。

よくわからないものには、とりあえず名前を付けたり、理由をつけたりして、

何か「形」に近いものにしないと、不安だ。

 

だけど、「判断」って別にいつもしなくてもいっかー と最近思う。

別に、不安でもいっか。

よくわからなくても、いっか。

もちろんダメな時もあるかもしれないけど、無理に何かに理由を付けたり、

名前を付けたりしなくてもいいのかもしれない。

 

いくら判断を必要としても、やはりその場で、いったい私が「何を感じたのか」

どんな判断も飛び越えて、私は今、何を感じたんだ?っていうこと

それを鮮烈に感じとることができたらいいのに

 

でも、それがまた判断になるんだけども…

 

でも、いつも感覚は研ぎすませておきたいと思った今日この頃でした。

たとえそれに、名前がつかなくとも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)