一曲、でけたーー

オケもできた!!(歌の後ろでずんちゃか鳴る音楽)

やー よかったー

この曲は、何度かこのブログにも書いてる、お江戸な曲です。

 

ある日メロディーが思いつき、これは「お江戸ずっこけ道中(?)」の曲だと思い、

この曲を書くために「東海道中膝栗毛」も読んだし(途中まで。最近紛失した…いったいどこに?涙)

現代の江戸人といわれる杉浦日向子さんの本も読んで

今、猛烈に、お江戸にタイムスリップしたい。

なんか好き!

 

正直日本史にはまったく興味ないんですけど

昔の日本人の暮らしには、非常に興味がある。

江戸に限らず他の時代でも、庶民が何をしてたのか、それを知るのがとても面白い。

何がおもしろくて、何を必要としてて、何を思いながら、みんな生きてたのか。

想像することしかできないんだけど、

そのときの世界ってどんなだったんだろうなあ。見てみたいなあー

 

そんな思いで作った曲でございます。

別に江戸に詳しいわけではないので、なんちゃってお江戸って感じですけど

楽しく仕上がったので、なかなか自信作です。ふー

 

それにしても、杉浦日向子さん、2005年に亡くなられていたのですね。

知らなかった。

小学生くらいのころかなー。NHKで「お江戸でござる」っていう番組があって、

毎週お江戸を舞台に喜劇を見せてくれる番組で、

よくばあちゃんと一緒に見て、なにげに大好きだったのですが

この番組の最後にいつも杉浦さんが出てきて、「今回のお話はここが間違ってます」と

専門家の意見でダメだしするのだ。

それがすごく面白くて、いつも楽しみにしていました。

著書を読ませていただき、本当に現代に生きる江戸人のようで

明るくて屈託がなくて、人生をとても楽しんでいて、

素晴らしい方だったんだろうなと、勝手に思いを馳せました。

今回、たくさん参考にさせていただきました。ありがとうございます。

 

私も、江戸人のように、

その瞬間瞬間を全力で楽しむことができる

粋な人間になりたいのです。

 

さあ

しかしここで落ち着いてはいられぬ。

はい!次!

引き続き作業します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)