ウェルカムバック・トーキョー。

先週末は長野県高遠で二日間のキャンプ、超絶エンジョイしてきてしまいました。

あああー 楽しかった!

いまだに興奮冷めやらぬほど楽しかった!

 

+oneというボランティア団体主宰の林間学校キャンプでした。

実はこの団体、私が大学生だった頃にスタッフとしてもりもり関わっていた団体です。

今は活動には参加してませんが、メンバーとは未だに仲良くしてもらっていて

超ひさしぶりにイベントに参加させてもらいました。

 

いやあー 最高の場所でした。

事前のインフォメーションで

「東京の10月上旬の気候です」

と聞いて

いやいや、ゆっても8月終わったばっかよ?とにわかに信じがたかったのですが

実際に来てみたら、ほんとーーに涼しい。そして清々しい。

長袖でいて十分なくらいで、夜は肌寒いほど!

近くを流れる沢の音や、小鳥のさえずりが絶えず聴こえる。

マイナスイオン全開。

全身がリラックスしてるかんじ…ほんとに気持ちよかったなあ。

 

 

こんな施設でした。

立派でしたよーー!

 

総勢60名弱のイケイケな(?)若者たちが集合し、

存分に楽しんで参りました。

 

林間学校とえいえば、野外炊事。

班ごとに分かれて、お決まりのカレーを作りました!

 

我が班のカレー

題字は私が書きました。へへ

 

班対抗で味比べ選手権みたいなのしたんですけど

見事我が班は優勝!!

班員にとっても料理上手な子がいたのです。

彼女の指導のもとに作って、大成功。

うれしかったなあ。

そして、ほんとにほんとにおいしかった。

今までで一番おいしいカレーだった。冗談無しで。

 

他にもキャンプファイヤーやったり、ナイトウォークに出かけたり

そば打ちをしたり、てんこ盛りに楽しんできました。

 

昔は、初対面の人と接することがものすごーく苦手でした。

今でも、得意とは言えないけど、

でも、今回も思ったのは、

人生は「出会い」がすべてと言っても過言ではないということ。

 

新しい人と出会う。

今まで知らなかった人と知り合う。

それほど、自分の世界を変えてくれることはないと思う。

 

私にとっては、どんな本よりも、どんな映画よりも

出会いこそが、最高の刺激。

なんてったって、その人は、これまでたくさんの思いを重ねて、時間を重ねて、

奇跡的な形でそこに立っているのだ。

本や映画にしたら、何冊分、何本分、比べきれないよ。

しかも、相手は自分と同じように生きていて、躍動していて

私とまったく違う世界を持ち、全然違う見方をしながら

おんなじこの世を生きているのだ。

他者という存在。

私にとって、これほど刺激的な存在は、他にないです。

 

たとえもう二度と会うことはなくても

その人と会ったことは私の中から消えはしない。

出会って、知った瞬間に、私はもうすでに少し変わってるんです。

その人に会わなかった自分とは、違う自分に。

前にも書いたかもしれないけど、

人を変えられるのは、出会いだけだ。

本当にそう思う。

 

今だってうまく話が出来るわけじゃないけど、

人見知りだってするけど、

それでも、私なりの方法で、すべての出会いを大事にしたいと思います。

 

ほんとに貴重なことだね。

誰かと出会えるってことは。

そんな場所を作れる、+oneのみんなは、いつもすごいなって思う。

やってることは違うけど、彼らの情熱とやさしさに、いつも感化されます。

 

そんなこんなで心身ともにリフレッシュ&リラックスできましたので

今日からまた己の道を邁進すべく奮闘する次第であります。

 

本日は絵を描いて、引き続き曲も作り中。

 

毎日、一歩

三日で三歩

三歩歩いて

二歩下がる

 

ほんとそんな感じ。

でも進んでるっぽい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)