ついに行ってきました。

「館長 庵野秀明 特撮博物館」!!

 

やー 最高でした!!

超楽しかった!!もっかい行きたい!笑

すさまじい技術の結晶の数々でしたよ〜

 

私自身は、特撮ものって全然世代じゃないんですけど(若干ウルトラセブンをビデオで見たことあるぐらい)

でも、

特撮を作る人たちの情熱、その技術、感動した。

すごすぎる。

終始衝撃だったし、庵野さんって誰よりもオタクなんだろうな…

だからこそああいう展示が出来るんだろう。同じ目線。

めちゃめちゃ楽しかったです。

 

中でも目玉の今回撮りおろしフィルム、最高だった。

CG使わず、全編特撮。

あの絶妙にリアルな感じはなんだろう。

内容も、短かったのに、なんか心に残った。

※ちょっとだけ内容に触れますので、楽しみにしておきたい方は読まないでね。

13行ほど飛ばすと普通に戻ります。

 

 

最後の方のモノローグで

「神様の意志なんて知ったこっちゃない。

私は必死に生きるだけだ」

的な台詞があるんだけど、それがすごく心に残った。

とても好きだと思った。

人間のすごいところは、もろくて弱くて悩ましいのに、

反面ものすごくたくましく、反骨精神に満ちているところだと思う。

運命やあらがえないものに対し、それを拒否すること、反発することができるめちゃくちゃさ。

調和をゆるがす力。

結構、そういうところ好きなんだよなあ。

大好きな少女漫画「イティハーサ」の最後もそうなんだよ。

反発と葛藤で燃えるように生きる、その激しさが、

おもしろいしかわいらしいところだと思ってしまいます。

 

なんにしても、そんな人間のつくりだしたものに、私はいつも感動します。

どんなものでも、人間が情熱をかけて作ったものは素晴らしい。

「何かを作る」という行為は、ほんとに尊くて希有なことだと思います…

私は一時期エヴァンゲリオンにもめっちゃはまってたんですが、

たしかある回の題名が「人のつくりしもの」で(たしか…)、その響きも好き。

 

ミニチュアの中からこんにちは

映画にも使われてたセット!

写真だとわかりにくいけど、ミニチュアと気づかないほどの精巧さ!

 

戦車が人を狙ってるぜ!

 

とにかくすごく細かいのだ

 

東京タワーも

 

くずれたとこも

 

西荻窪駅 笑

 

 

会場に来てた人はやっぱりちょっと年齢層高めでした。

子どもほとんどいなかった。全然世代じゃないもんね。

けどおもしろかったのが、とある父子ふたり連れ。

 

父「おい、そんなにどんどん行くなよ。もっとゆっくり進まないと見れないだろ」

息子「えーもういいよ。早く行こうよ。(飽きてる)」

父「ほら、これとかすごいだろ。おい、よく見ろよ。見てないだろ」

息子「…(見ない。先に行こうとする)」

父「なんだよお前。もういい。先に行ってろ」

息子「僕むこうで待ってる(すたすたと先に行く)」

 

お父さんの方が夢中でしたね笑

ふつうだったら逆だろうに、ここではこういうことが起こるんだなー

お父さんも、昔は少年だったんだよね…

 

“人のつくりしもの” への5件のコメント

  1. いやあ、いいねぇ、父と息子の会話(笑)
    間違いなく僕もはまるわぁ。
    写真で見ただけでも相当精巧ね。
    これは行かなきゃだ!

  2. こんばんは
    もうアニメ特撮オタクの私としては羨ましいの一言です。
    友達もテレビ局の美術をやめて
    スーツアクターになりました。
    お嫁さんもアニメ特撮マニアです。
    都会の良さは色々と体験できることですね(V)o¥o(V)
    お写真は知りすぎてるだけによけい見たいです。
    庵野監督のこだわりが伝わってきますよ(^_^)/

    1. 敷島さん
      特撮お好きなんですね!
      一緒に行ったグループの中の一人が結構マニアな方だったんですが、
      相当満足されてたようなので、ほんとにすごい展示だったみたいです。
      私もわからないなりに、情熱とこだわりをひしひしと感じました!!
      特撮って独特のリアルさがありますね。
      小さいころ弟につられて見たウルトラセブンを思い出しました。
      妙に怖かったのを覚えています…

      リンク、ありがとうございます!!
      敷島さんも心と体を大事に過ごされてくださいね!
      いつもありがとうございます。

  3. おはようございます
    今日で7月も終わりですね。
    体調管理して下さいませ。
    勝手にリンクさせて頂きました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)