今までのラオス旅行記はこちら

 

帰国してからもうすぐ一ヶ月経とうとしてますが…

ラオス旅行記、そろそろ(やっと)後半です。

未だにラオスのことを思い出すと、なんだか切なくって心がざわざわします。

よほどいい旅だったんでしょうねー 私にとって。

 

日本での暮らしも幸せ。それはもちろん。

でも、何か気分が落ちることがあると、私はラオスの風を思い出します。

いわゆる現実逃避ってやつね… 笑

 

いろいろあったけど、あの旅の中で、私は自由だった。

何も気にせず、しばられず、ただただ、あの時間の中にいた。

あの風の中。

あのどこまでも青い、空の下。

IMG_0760

 

「My first trip to Laos」

いざ後半!

 

 

5月19日(月)後半

 

さて、托鉢で1万円をぼったくられるという、

旅初心者にありがちな洗礼を受けた私は、

テンションだだ下がりのままルアンパバーンの街をぶらついていました。

 

時刻的には、朝7時。

ホテルに戻るのもなんだし… お寺や博物館はまだ開いてないし…

とりあえず街歩きしようと思って、ふらふら。

 

川沿いの道をふらふら。

写真 2014-05-19 8 16 41 (1)

 

写真 2014-05-19 8 14 39 (1)

写真 2014-05-19 8 14 51 (1)

写真 2014-05-19 8 16 07 (1)

うーん。まるで私の心模様のように、空も曇り。笑

比較的涼しくていいといえばいいんですけど…

 

ふらついてるうちに、時刻は朝8時に。

博物館が開くなーと思って、とりあえず行ってみることに。

写真 2014-05-19 10 29 44 (1)

 

緑に囲まれてるのが、国立博物館。

 

写真 2014-05-19 10 30 22 (1)

 

敷地内の右手には寺院が。

 

写真 2014-05-19 10 50 37 (1)

 

こっちが博物館の建物。

 

中には、王様ゆかりの品々がずらーっと並んでました。

衣服とか、他国から送られた品々とか。豪華だった。

 

けど、ここではまだ、私はうわの空で… 笑

托鉢での出来事をまだ引きずってたんですねー

あんまり感心もできなかったという。。。

 

とりあえず博物館を後にすることに。

写真 2014-05-19 10 50 41 (1)

博物館の門までの道。

南国の木々が鬱蒼としてる。

写真 2014-05-19 10 52 43 (1)

写真 2014-05-19 10 52 35 (1)

門の近くにはブーゲンビリアが咲いていた。

 

なんか、おもしろいですね。

写真まで暗いよ。笑  曇天だったからなんですけど…

 

 

さて、博物館を後にして、また街をふらつく(行くとこ思いつかないのだ)

 

 

学校のようなところを見かけた。

写真 2014-05-19 10 59 33 (1)

写真 2014-05-19 10 59 13 (1)

子ども達が遊んでました。

 

 

ルアンパバーンの街並み

写真 2014-05-19 11 08 26 (1)

 

 

写真 2014-05-19 11 13 30 (1)

 

写真 2014-05-19 11 08 08 (1)

The 観光地なので、小ぎれいな建物がとっても多いです。

世界遺産でもあることから、景観をくずさないように、なんとなく同じような建物が建っている。

そして、街のいたる所に寺院があります。

写真 2014-05-19 11 05 35 (1)

写真 2014-05-19 11 05 40 (1)

写真 2014-05-19 11 09 18 (1)

写真 2014-05-19 11 08 34 (1)

 

こういった小さな寺院がたくさんあります。

たいていのところは無料で中に入れる。

 

ふらふら歩きは続く。

やることのない私は、川縁まで降りていって、メコン川を眺めたり…

写真 2014-05-19 11 33 56 (1)

写真 2014-05-19 11 34 11 (1)

さすがに中には入っていけないですが…

 

そして、カフェで休憩。

この旅で何度もお世話になった、joma cafe。

ビエンチャンにもあったけど、ルアンパバーンにもありました。

写真 2014-05-19 11 49 50 (1)

写真 2014-05-19 11 49 46 (1)

かわいいスマイルにちょっとほっこり。

 

ここでぼけーっとしながら、

今日、このあとどうしよう…と考えていました。

未だに意気消沈から抜け出せない私は、

街をふらつくのにも、すでに飽きていた。

うーん…

 

そうだ、滝に行こう!

 

思いついたのは、ウォン君が言ってた、「クアンシーの滝」。

一応、ガイドブックにも載ってるような名所で、すごくきれいな場所らしい。

市内から少し離れていて、車じゃないと行けないので、

ほんとは翌日行くつもりだったんだけど、

もういいや、行ってしまおう、今日!!

ホテルでバスをチャーターしてくれると言っていた。

 

もう、あんまり街にいたくない!笑

と思った私は、滝に行くと決めて、カフェを後にしました。

 

 

帰ったらホテルでさっそく予約。昼過ぎにバスが迎えに来てくれるとのこと。

それまでちょっと休憩してから、迎えに来てくれたバスに飛び乗って、

いざ、クアンシーの滝へ!

 

 

今回はここまで。つづく。

このあとすぐ続きアップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)