思い出 日々つれづれ

犬の思い出

むむむ。パンダの赤ちゃん、亡くなってしまいましたね。

動物園の方々の記者会見の様子が、なんか胸に迫ります…

本当に愛情を持ってらしたんだろうなあ…

 

昔、飼っていた犬が死んじゃったときのこと、

今でも鮮明に覚えています。

私は中学3年生、高校受験を数ヶ月後に控えた、クリスマスの日だった。

「ブチ」というビーグル(と思われる)犬でした。

 

年だったし、結構前から具合が悪かったから、そろそろかなとは思ってた。

朝、家族に起こされて、パジャマの上に半纏を着て急いで外に出ると、

ブチは目を開けたまま、ぐったり横になっていた。

「ブチ」と呼んでもほとんど動かなかった。

けど、まだほんの少し息をしていた。

みんなで何度も名前を呼んだ。

私はやっぱり泣いていて、涙が、ブチの耳に落ちたのを覚えてる。

ブチの耳が好きだった。

全身の中でいちばん毛並みが気持ちよくて、きれいなとこだった。

結局、息が止まるまで家族みんなで見守った。

 

ブチはもともと近所の空き地に捨てられていた野良犬でした。

おそらくブチの子と思われる子犬6匹と一緒に捨てられていた。

当時小学生だった私たち姉弟・いとこは、もう大騒ぎで、かわいくてしかたがなくて、

毎日毎日会いにいって遊んでいたなあ。

でも、かわいい子犬は次第にどんどん拾われていって、

最終的に残ったのは親犬ブチだけだった。

で、図太いブチは近所の家を放浪してまわり、

うちにも来て、じいちゃんが何気なしにエサをあげてしまったら、

もうそれからは押し掛け女房ならぬ押し掛け犬として、うちに居着いたのである。

 

一応「動物は飼っちゃダメ」という決まりはあったんですけど、

ダメも何も、もうずっとうちにいるんだから、飼ってるのと変わらなくなってしまい、

結局、晴れてわが家の一員となったのです。

 

それからも、いろいろありました。

脱走したり、妊娠しちゃったり、で子どもが生まれたり、また脱走したり。

話題にはこと欠きません。

特に、子犬が生まれてから、みんなもらわれていくまでのほんの数ヶ月は、

本当に本当に楽しかった。

毎日毎日、犬のことしか考えてなかったな。

 

ブチが亡くなってから10年以上経ちますが、

今でも私はときどきブチの夢を見ます。

実家に帰ると、ブチが生きていて、「なんだブチ、元気じゃん」と思う夢。

結構何度もこの夢見るんですよね。

 

実家にはブチの子である「でかぽん」が、今も元気に生きてます。

前も書きましたけど今年17歳になります。

もうこのまま物の怪になるくらい長生きしてもらたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)