以前も書きましたが、引っ越してから家の近くにレンタルコミックがあるため

鬼のように漫画を借りては、移動時間中に読む

そして時に、読むのに夢中すぎて乗り過ごす 笑

という毎日を送っています…

 

最近、「天使なんかじゃない」を読んだ。矢沢あいさんの、かの有名な少女漫画。

これ、後半のほうはリアルタイムで読んでたんだよな〜「りぼん」で。

「りぼん」。懐かしい…

分厚くって、ふろくがたくさんついてる、女の子の夢がいっぱいつまった、月刊漫画誌!!

毎月買ってたなあ…たしか小学1年生くらいからかな?

いつまで買ってたんだろう。中学の時はもうすでに読んでなかった気がするけど…

 

にしても、「天使なんかじゃない」はべらぼうに面白い。

面白いというか、もう胸がきゅんきゅんしちゃって…

超王道の恋愛漫画なんだけど、小さな子どもでも、大の大人でもわかるであろう

切なさや、愛しさや、どうにもならなさ、恋愛の酸いも甘いもを

こうも素敵に描かれると、なんだかもう一度青春したくなっちゃうよね…

いや今でも十分青春してるとは思いますが…

 

しかし、小学生のときに読んだのだから、

もう20年近く前の話なんだけど、覚えてるものだなあ。

なんか、細かいシーンを覚えてるんですね。

主人公の女の子が、超脇役キャラのやつから、トイレで罵声?を浴びせられるとことか。笑

主人公が彼氏からもらうネックレスの形とか。(これは結構大きく取り上げられてるんですけど)

そういうのを、もう一度読み返して「あ!覚えてる覚えてるー」となると

なんだか不思議な感慨が蘇って来るものである…

 

大人になってから読む漫画より、子どものときに読んだ漫画の方が、格段に心に残るよなあ。

今はどんなに面白い漫画読んでも、なんていうんだろう

「心に残る」って感覚がちょっと違う気がする。

子どもの頃に読んだものは、それが面白い・面白くないはさておき、

なんだか心の奥底のほうの何かしらと結びついてるかんじ。

 

あんまり漫画ばっかりよんで外に出ないのもあれですけど、

子どもの頃に、面白い漫画にたくさん触れてほしいですねえ…

漫画は人類の財産だと思うからさあ。

“「天使なんかじゃない」” への2件のコメント

  1. ハイサイ!紗来さん

    うわー りぼん 懐かしい!
    私も小学生の頃、読んでましたよ^ ^
    確か、姉がりぼん買って、私がなかよしを買ってたような…
    毎回付録が楽しみでした

    あの頃いつも行っていた小さい書店や、本や漫画だけは出し惜しみせず
    買ってくれた優しい両親の事を思い出しました
    本当に懐かしい!

    今度、娘に少女漫画買ってあげようかな^ ^

    1. YUKAさーん!
      YUKAさんも「りぼん」っ子だったんですね!
      「姫ちゃんのリボン」とか「赤ずきんチャチャ」とか「ママレードボーイ」とか「ご近所物語」とか…
      挙げ出したら切りがありません!!笑 どれも好きでした〜

      うちの両親も「本にはお金をかけていい」と教えてくれて、色々買ってくれました。
      物語でも漫画でも、読むってことはすごく子どもにとっていいことなんでしょうね!
      ぜひ娘さんに少女漫画を買ってあげてください!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)