久しぶりに曲を作っています。

最近、ずっと作れていなかったから、本当に久しぶりだ。

ライブのために小さな作品を書き下ろすことはあったけど、

こう、本腰入れて曲作りをするのは、7月の紗来展以来です。

今月お披露目できればいいなあと思っている…

 

今日、ふと思い出した。

高校の卒業式のこと。

卒業式の答辞で、同級生の女の子が壇上に上がって話をした。

その子はすごくしっかりして自分を持っている子で、芸術家だった。

私はその子に憧れていた。

 

その子の話、細かいところはあんまり覚えてないけど、言いたいことはひとつだった。

「理想の環境なんて、どこにもない」

 

私の高校は少し変わっていて、自分の目標や夢、やりたいことを明確に持っている子が多かった。

私もそうでありたくて、そうなれると思って、希望をいっぱい胸に秘めて入学した。

 

けど実際、私は何も見つけられなかった。やりたいこと。

自分の道は、より一層わからなくなった。

まわりには、明確に自分を持っている子ばっかりいて、

やりたいことに一生懸命で、だから余計に焦った。

苦しくて、楽しくなかった。

思い描いていた、充実した学生生活は、どこにもなかった。

 

答辞で、その子がそう言ったとき

ああ、その通りだと思った。

環境はどこだって、さほど変わりはない。

環境に求めてても、何も始まらない。

求めるべきは、自分だったんだ。

それを、卒業の日に気づいた。

そして、私が憧れていたその子でさえ

そう感じていたこと、それが少し意外だった。

 

まわりの環境が、世界が、どうであろうと

関係ない。

大切なのは、その世界を

自分がどう見るかということ。

自分がどう生きるかということ。

 

久しぶりに思い出した。

他者は関係ないんだった。

関係あるけど、関係ない。

自分は何を選んで、どう行動するか。

それしかできないんだった。

 

だから、やる。

やれと言われたことをやる。

やってみたら?と言われたことをやる。

やりたいと思ったことをやる。

やらねばと思ったことをやる。

それしか、できないんだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)