私は今までいろんな人の作品(音楽だけでなく、本、映画、いろいろ)

から影響を受けて来たと思うけど、

やっぱり子供の頃に触れた作品は、格別なんだと思う。

 

昔、「クロノ・トリガー」というゲームがあり、

私は小学生の頃、このゲームにハマりにハマった。

弟がいることもあり、それまでも若干テレビゲームはやってたけど、

マリオとか、アクションゲームをやる才能ってのは、運動神経と連携してるのでしょうか?

どうも苦手で、全然できなかった…笑

しかし、いわゆるRPGは、私にだってできる。運動神経とは関係無し。

初めて最初から最後まで自分でクリアしたゲームは、この「クロノ・トリガー」が初めてだと思う。

 

このゲームの音楽が、大好きだった。

ここの場面はこの曲、と簡単に思い出せるくらい、好きだった。

多分、生まれて初めてではないかと思う。

誰かの作った音楽を、これほどまでに、「いい!!」と思ったのは。

 

ジブリとか映画のBGMも好きだったけど、

このゲームの音楽はなんというか、好きの度合いのレベルが違う。

自分が主人公になるから、思い入れも入るのかもしれないけど、

とにかく好きで、弾けるものは自分でピアノで何度も弾いた。

 

昨日、久しぶりにこのゲームを起動させてみて、やってみた。

ああ、何度聴いても、本当にいい音楽。

秀逸すぎる。

 

高校生とかになって、大人になるにつれて、

なんとなく、女の子だし、恋愛とか洋服とかに興味がいくようになり

テレビゲームをやってるとちょっと恥ずかしい、と思ってしまうようになり

実際、全然やらなくなって久しく、

今まで改めて「クロノ・トリガー」の話って書いたこと無かったんですが…

 

こう今になって聴いてみると、本当に素晴らしい音楽だなと思う。

音楽が、物語の世界をこうも広げるのだなあ…。

 

そして、音楽と記憶って、連動してますね。

いろいろ思い出すなあー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)