日々つれづれ

母は強し

今朝電車に乗ってたら、ベビーカーを押した若いママが乗って来た。

見たら、妊娠中らしく、お腹が大きい。かなり。

すごいよなあーと思う。

ベビーカーの子もまだまだ小さな子で、その上身重で、

それで荷物も持って、ひとりで移動してる。

かわいらしい方で、お化粧もきちんときれいにしてて、

なんか、素敵だなあと思った…。

 

ちなみに、私は座席に座ってたのですが、

彼女が電車に乗って来た時は、お腹に赤ちゃんがいることに気づかず

あれ?もしかして…とちょっとしてから気づいて

どうしよう、声かけようかな。かけた方がいいよな。とぐずぐすして結局二駅ほど過ぎ、

勇気を出して(普通に言えよって感じですけど…)

「座りますか?!」と意気込んで声かけたら

「あ、大丈夫です、次でおりるんで…」と言われてしまった…

ああ、このダメダメなとこが私だ。ごめんなさい。。

 

そもそも、声かけるのに「どうしよう」って迷うとこが、いかんよなーと思う。

サッと、自然にやれるのがいいのに。

ほんと小心者。とほほ。

 

まあ、そんなこともありましたが、母は強しって話ですね。そうそう。

今回の紗来展の朗読も、ほんとは「母」なる存在を作って、重要な人物にしようかと思ってましたが

無理でした。

やはり、私は母ではないから。

母親の気持ち、なんとなく想像はつくけど、やっぱり想像でしかない。

本当の母親の気持ちを、実感したことはない。

だから、書けませんでした。

 

いつか私も母になったら、そういう物語が書けるのだろうか。

やっぱりそのとき感じてることが、作品にすごく影響するから

つまり年をとると作風も変わるんだろうな。それはそれで楽しみだ。

 

ちなみに、先日、学生時代の友人に子どもが生まれた。

感慨深かった。

こうやって次世代が生まれていく。

みんな新しい家族をつくっていく。

大人になって来たなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)