ライブ準備

絵描いてます

紗来展のスライドで映し出す、絵の作成に取りかかってます。

昨日から少しずつ、ほんとに少しずつですが描き始めました。

やっぱり絵は難しい…

どうも、イメージに近づけて描くってのが難しいんだよなあ。

でも、それは音楽も同じかな。

実際形になってできたものと、形にする前にイメージだけしてたものとは

やっぱり出来上がって雰囲気がちがう。

それが結構おもしろくもある。

自分で作っておきながら「へー こんな感じになるんだ」という

驚きみたいなものがある。

 

頭の中でイメージしてたものと、実際形になったものの差ってのは

なんであれ、多少なりともあるんでしょうね。

そこが、自分の想像を超えるという可能性でもあるのでしょうか。

 

これはまたちょっと違う話なんですけど、

前にボイトレの先生に、ステージ作りについてこんな相談をしたことがありました。

「自分が思い描くものと、自分が作れるものの差がありすぎて、それが苦しい」

私がそう言うと、先生はこう言いました。

「それでいいんだよ。

理想を描けるってことは、いつかそこに到達できるってことだから。

今はできないことが多くても、描けるということは、必ず到達できるから」

そう言われて、すごく嬉しかったし、ありがたかった。

 

作品作りって、その繰り返しだなと思います。

「こうじゃないんだけどな…」と少し煮え切らない思いを持ちながら

少しでもそれに近づけようと考えて、たとえ近づかなくても試行錯誤してみる。

そうやっていくしかないんでしょうね。

もの作りに限らず、すべてに置いてそうかもなあー

 

なーんて考えながら、少しずつ絵、描いていきます。

 

2 Comments

    1. ぶまくん
      うん、あるあるだね…
      やっぱり作っていく過程で、多少変わるよね。
      頭の中で鳴る音と、実際作られる音はちがうというか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)