先日、ふと町中で耳にした親子の会話のはなし。

 

私は横断歩道で信号待ちをしており、

隣にお父さんと娘の親子が並んでました。

横断歩道の向こうがわに、警察官の人が数人いて、同じように信号待ちしてるのを見て

女の子が言います。

 

女の子(小学3年生くらい)「かっこいー!警察だ。私、将来警察になる」

父「警察?なんで警察?」

女の子「だってかっこいいじゃん。みんなを守るんだよ」

父「いいよ、警察なんかならなくていいよ。パパと同じ仕事でいいじゃん」

女の子「ええー警察がいいよー」

父「だめだよ。〇〇(名前)はパパと同じでいいんだよ。音楽やればいいんだよ」

 

隣で聴いていて、なんだかほほえましいなーと思っていました。

親子って、家族って、不思議ですよね。

まるで自分のことのように、気になるし、

どこか「こうあってほしい」と望んじゃうんですね。

自分じゃないけど、自分ような、特別な存在…

 

私も子どもができたら、そうなるんでしょうか。

自分の望みを、反射させるのでしょうか。

「そんなことしない」って思っていても、するんだろうなあ、きっと…笑

 

まあ、まだまだ先の話ですが。

そんなことをふと考えた昼下がりでした。

“親子” への2件のコメント

小澤 紗来 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)