私は小さい頃から今に至るまで
自他共に認める大泣き虫です。

何かあるたびにめそめそ泣きます…

悲しい、寂しい、苦しい、といった
いわゆる辛い感情は
私にとってはとても大事なものです。
もちろん、敢えて感じたいとは思わないけど…

でも、そういう感情こそ、私の音楽の源泉であり、
喜びも嬉しさも、それ無しには存在しないと思っています。

小さい頃、悲しくて悲しくてどうにもならないとき
一番の解消方法は、好き勝手にピアノを弾くことでした。

好きなように、悲しいなら思い切り悲しい旋律を弾きながら
ぽろぽろ出てくる涙を止めずにおくと
次第に悲しさがやんで、とても楽になる。

旋律は、私が言葉にできない感情を
洗い流してくれるようで
それはそれは悲しい旋律なのですが
弾いてると心が落ち着きました。

それは今でも同じで、
悲しいときは思うままに、思い切り悲しい旋律を弾きます。

誰にも聴かせられない、めちゃくちゃなメロディーですが…(笑)

なぜかわからないけど、私から出たメロディーは、もう私ではなくて
誰か別の人のような気がして
その誰かに語りかけてもらってる気がするんです。
すごい自己満足かもしれませんが…(笑)

何にせよ、どんな悲しみもメロディーに変えよう。
どんな孤独も音楽に変えよう。

それこそ、私のできること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)