今日は、ライブカフェミッシェルでのディナーライブ、3回目でした。

RIMG0960

 

 

今回も朗読の小品をまじえつつの、2ステージ。

1ステージでの朗読は「星の名前」という曲にあわせて作りました。

アジアの果ての、貧しい村に住む少女アスラと、そこに迷い込んだ少年のお話。

 

「星の名前」という歌は、前回の紗来展の朗読劇の劇中歌ですが

この歌自体にすごく物語を感じていたので

このように一つ小さな作品にできてよかったです。

 

2ステージでは、朗読とともに新曲「風花(かざばな)」を歌いました。

この春のために作った歌です。

私にとって、とても大切な人の旅立ちに思いを寄せて作りました。

 

歌って、とても個人的なことで

言ってしまえば、自分の気持ち以外の何者でもない。

自分の気持ち、個人的なことって、人前で言うのはためらうこともある。

私もそう。

だけど、今回は、個人的なことだなとわかっていて

あえて歌いました。作りました。

 

歌は気持ちでしかない。

自分の勝手な気持ちでしかない。

だけど、それをもし受け取ってくれる人がいて、

感じてくれる人がいたら、

何にも勝る、かけがえのないものに変わる。

 

やはり今でも、人にどう思われるかは怖いです。

たぶん、一生怖いです。

けれども、外に出て行かなきゃ。

外に出て、自分を見せなきゃ。

それを強く感じる。

 

本当に、ここが踏ん張り時だと思っています。

成功ばかりじゃないけど、ほんとにないけど、

でも、だから成長していないとは思わない。

 

ここを乗り越える。必ず。

強くなって、歌い続けるために。

 

みなさま、今日も、本当にありがとう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)