昨日ふと思い出したこと、書きます。

なんか、内容的に国語の授業みたいになりそうなんですけど…

 

私は昔から国語の授業が好きで、

国語ならばどの分野もすべて好きだったんですが(漢字の読み書き以外)

「文法」の授業も好きでした。

主語がどうとか、活用形がどうとか、言葉の仕組みですね。

 

で、高校生のときの「文法」の授業で、(古文だったかなー)

形容詞の活用形の話になった。

 

形容詞には「ク活用」「シク活用」の2種類がある。

 

たとえば、「青い」は「ク活用」。(青、青、青けれ…)

「嬉しい」は「シク活用」。(嬉しく、嬉しき、嬉しけれ…)

 

要するに、活用される部分に「シ」の音が含まれるか否か、の違い。

すべての形容詞はこのどちらかの活用をする。

 

で、この2種類に分類される言葉たちには、

厳密ではないんだけど、ちょっとした特徴がある。

 

「見た目」や「状態」を表す言葉は、「ク活用」。

青い、汚い、明るい、短い…。

 

「感情」を表す言葉は、「シク活用」。

悲しい、楽しい、怪しい、おいしい…。

 

ここまで話すと、タイトルの意味がわかってくるかもしれませんが、

そう、高校生のとき、私は気づいた。

「美しい」は、「シク活用」なのである。

見た目のことなのに、「シク活用」。

いや、むしろ、「美しい」とは見た目のことではないのだ。

「感情」なんだ、と。

 

これが正しい考えなのかどうかは定かではないですが、

このことに気づいた時の私の衝撃は大きかった。

 

「美しい」は、「感情」。

何かを見て、感じて、美しいと感じたとき

それは感情であって、心であって、感動であるのだということ。

 

私は、「美しい」という言葉が好き。

ただただ見た目のことや、シンプルな物事ではなく

いろんなものを含んだ上で、人が感じることなのだと思うから。

“「美しい」は感情” への4件のコメント

  1. あっ、自分も国語一番好きだった!
    高校のとき選択ぜんぶ国語にして、国語の先生に「オレは一週間の中で、ぶまに一番会ってる」って言われた^^

    でもそれは知らなかったなあ。
    バカ校だったからかな?

    でも国語面白いよね。

    1. 武間くん
      国語、おもしろいよね!
      私も昔から本とか物語が好きだったから、国語が一番楽しかったなー
      高校の国語の先生がすごくおもしろい方で、色々教えてくれたよ。

      歌詞作るのも、国語の力が必要とされるところもあるしね。
      好きに越したことはないね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)