昔、何かのドキュメンタリーを見ました。

高校だったかなー大学だったかなー 何かの授業で見たと思うんですけど

その中で

「世界を動かしているのは、一部の権力や名声をもつ者たちではない。

『平均』と呼ばれる階層こそが、世界を動かしている」

と、言っている人がいた。

もはや、超うろ覚え過ぎて、なんの話だったかも定かでないのですが…

 

でも、そうなんだと思う。

 

誰かの成し遂げた偉業、それにももちろん感動するけど

普通の人たちが、普通に暮らしていく中で、

感じた小さなできごと、小さな心の揺れ動き

そういうものがとても素敵だと思う。

 

ごく普通で、さして特別なものを持たなくて、

けれどそういう人が、日々を必死に生き、

自分の人生の中で何かを精一杯感じ、

わからないなりに、懸命にもがくこと

 

たとえば朝ご飯がとてもおいしかったこと

友達とくすくす笑いながら、好きな人にチョコを作ること

誰かの他愛のないうわさ話に傷つくこと

突然、空がとても美しく見えること

すれちがった人の顔になぜか見覚えがあって、心に残ること

 

私はなんでもないことが好きだなと思います。

なんでもないことで、喜んだり、悲しんだり、怒ったり、笑ったり

そういうことが、とてもまぶしい。

 

大切なものはすべて日常の中にあるのだと

だからこの日々を、心から大切にするって

どうやったらいいんだろうと

 

私には何が出来るのだろう

 

そんなことをぽけっと考える。

如月の夜であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)