こんにちは。紗来です。

かねてからずっと乗りたかった、東京からいちばん近いSL

パレオエクスプレスに乗ってきました。

秩父鉄道を走る、現役蒸気機関車です。

 

以前、「とある絵描きのバラッド」という歌物語で機関車のシーンを作ったとき

 

SL、いいなあ、乗ってみたいと思ってたのですが、ようやく実現。

 

 

SL、素晴らしい。ほんとに素晴らしい経験となりました。

何が良かったって、良いとこありすぎで書ききれないけど、

特に!!なところを2つ。

 

 

まずは、沿道の方がたくさん手を振ってくれるところ。

これにはびっくりした。

SLに向かって、いろんな人が手をふるんです。

それこそ赤ちゃんから、おじいちゃんおばあちゃんまで。

駅のホームにいる人だけでなく、踏切で待ってるおじさん、

家の玄関から、夏フェスのごとくタオルを振り回しながら手を振るおばあちゃん、

ベランダからおかあさんといっしょに手を振る子どもたち、

新築の家の工事中に、足場から手を振る大工さんたち、

ほんとーーーに色んな人が手を振ってくれる。

(中も、すごい!機関って感じ!むき出しの機関が、とってもかっこいい!)

 

はじめは恥ずかしくて、こちらは手を振っていいものだろうかと思いながら観てたけど

あまりに色んな人が手を振ってくれるもので、うれしくてこちらも振り返す。

すると、向こうと目が合う!気がする。

 

知らない人である。これからもまったく会わないかもしれないし

会ってもあのとき手を振った人とはわからないだろうけど

そんな人と笑顔で手を触り合う。

これはすごい体験だと思ったし、なんやら、無性に感動しました。うん。

胸に来るものがあった。SLって、ほんとに愛されてるんだ!

 

(途中の陸橋上から。船の人も手を振ってくれてる!)

 

 

そしてもう一つは、あたりまえだけど、SLってものすごくかっこいい存在だってこと。

帰りは長瀞で降りて、パレオエクスプレスが旅立つのを見届けたのですが

眼の前で聞いた汽笛の音。

もう、ほんとに、しびれた!!!

かっこよすぎる。

となりでぽた夫が、

「これは生きてるね。黒いライオンかクマのようだね」と言った。まさに!!

回る車輪も、吐き出す煙も、プオーーーー!!!と鳴くような汽笛も

ほんとに生きてるようです。

すべてが胸を掻き立てる!!なんてかっこいいんだ!!

 

電車はスマートでもちろん乗りやすさ抜群だけど、SLの無骨さ、「動いてる」感じ、

これは惹かれる人が多いの、わかる。

 

子供も、大人も、おじいちゃんおばあちゃんも、みんなを魅了する!すごいね。

 

 

終点の三峰口では地元の方によるふるまいもあり、すごくあたたかく迎えてくださいました。

毎月第二土曜日に、地元のみなさんで集まってふるまいをしてるそうです。

ちまきのような食べ物をいただきました!

すごくあたたかい方ばかりで、なんだか、じーんとした。

三峰口まで乗る方、行くならぜひ第二土曜日に!

 

道中、席が隣になったご夫婦も、とても朗らかで素敵なおふたりでした。

帰り、すごく手を振ってくださった!

SLにまつわるものは、すべてが平和というか、すべてがほっこりする。

そんな気分になれた、終始しあわせな、小さな旅でした。

 

都心からも近いし、ほんとにおすすめ。

のんびりゆったり、心がやすらぎます。

パレオエクスプレス、ぜひ乗ってみていただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)