こんばんは。紗来です。

先月はだいぶpiecesさぼってしまいましたので

今月は、がんばります。できるかぎり。

 

 

今日のpieces

「2つの笛の短い旋律(inst.)」

 

 

曲とは全然関係ないが、今日も「ダンケルク」談義で盛り上がった。

やはりあれは近年まれに見る傑作である。

もう一回見に行こうかと思う。

あのような作品が、作り出されたという途方もない事実にただただ感嘆しているのである。

 

映画とは「体験」でなのだと感じさせてくれた作品であり、

これこそが「映画」だと感じた作品、

しつこいようですが本当にすばらしいです。

本当にいろんな方にみてほしい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)