こんばんは。紗来です。

 

今日は「ダンケルク」を観てきました。

(↑これは映画とは違う海だけど、比較的色合いが近いもの選んでみた…)

 

素晴らしかった。

素晴らしすぎて、多くのものを受け取りすぎて、

終わってげっそり疲れました。

そのくらい、脳がフル稼働させられるような、

映画という名の体験でした。

 

私は、この映画の素晴らしさを伝える言葉を持っていません。

どんなに言葉を尽くしても表現できないと思う…

 

IMAXで観てきましたが、その場にいるような臨場感と

戦争の話なのに、どこを切り取っても美しい絵画のような映像。

海と空の青、人々の色合い、開始0秒から映像が美しすぎて息をのみます。

 

話の中に入り込みすぎて、まるで今このブログを書いてるこの世界が

夢なのではないかと思うくらいの余韻です。

印象に残るシーンがこんなに多いとは。自分の中に深く刻まれました。

 

この映画、ただの戦争映画ではないです。

感動の涙、とか、そういうことでもない。

そんなものでは語り尽くせない、どれだけこの映画が作り込まれているか

この映画がどれだけすごいことをやってのけているか

考えだしたら途方も無くて、それだけでも疲れてしまいそうだし

自分のものづくりに置き換えたら、なんかもう、作れないかも、と思うくらい

圧倒的すぎる。

 

「傑作です」という人がいたけれど、

うん、まさに。見事な傑作でした。

戦争映画と敬遠しないで、多くの人に観てほしい。

 

 

今年は「メッセージ」もとても良かったし、洋画の傑作がいいですね。

来月の「ブレードランナー」も観たいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)