昨日は湘南ミュージックステーション!

今回も素晴らしい共演者のみなさまに囲まれて

歌わせていただき大変光栄でした。

来てくださったみなさん、ありがとうございます!

セットリスト

1.疾風ライド

2.熱風〜青のテーマ

3.星は巡る

4.とある絵描きのバラッド(プロローグ朗読)

 

 

今回は「とある絵描きのバラッド」をやりたくて

物語のエッセンスを詰め込んだプロローグ作成し、朗読しました。

 

この物語を作ったのはもう2年以上前だけど、

やはり私にとって大切な物語です。

ものを作る苦悩と喜び、表現することの絶望と希望。

架空の人物であるのに、私はこの人物たちに深く感情移入します。

昨日のライブでは、共演者のみなさんのすばらしい演奏に感化されてか

自分の中でも不思議なスイッチが入り

感情を抑えることができませんでした。

 

昨日、とても深く気付いたことがあります。

うまく言葉にはできないのですが…

 

私は、死ぬまで人に伝え続けなければならないと思いました。

誰かが伝えられなかったこと、伝えたいと願ったこと

私が伝えたいと思ったこと

それらを語り、歌う、かつての吟遊詩人のように

私は「バラッド」を歌い続け、伝え続けなければならない。

なぜか、深くそう思いました。

その日100人のお客さんのうち、99人に伝わらなくても

1人に伝えられるのなら歌わなければならない。

その日100人のお客さん全員に伝わらなくても

明日の1人に伝わる可能性があるのなら歌わなければならない。

 

そして私自身が、だれかの「伝えたいと願うこと」を

深く感じられるようでなければならない。

 

 

終演後に、Gift Houseの武間くんのお父様が声かけてくださって

「朗読よかったよ。私たちはみな別々の人生を歩んでいるけれど

それが時々、少し重なる瞬間がある…」

とおっしゃっていました。さすが牧師様です。言葉の重みが、胸に来ます。

とても大きな気付きがありました。

すばらしい音楽たちの触れられたおかげです。

みなさん、どうもありがとう。

 

湘南ミュージックステーションは本当に雰囲気がよく、素敵なライブイベント。

ぜひまた出演したいし、みなさんに聴きに来てほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)