今日は夏至でした。

個人的に、一年でいちばん好きな日です。

今日のpieces

「星の名前」

これはその昔YouTUBEにも上げましたし、知る人ぞ知る

第3回の紗来展の劇中歌です。もう4年以上前だよ。うわぁ…

今現在シングルとして売ってる「星は巡る」は

もともとこの「星の名前」という曲があって、そこと似たような世界観で

でもちがう意味を込めて作りました。

 

この曲は、私が作った曲の中で、もっとも悲しい曲だなと思う。

言葉にできない、伝えられない、体の中にもう生きている悲しみ、

涙が出ない悲しみ、

「孤独」

そういうものを感じながら作っていました。

もう二度と作れないシリーズのひとつです。

この曲聴くと、我ながら本当に悲しくなる。今まさにそう。(自分でやっといて。あほですね)

 

私の作る曲の中でさえ認知度低いし、さらにまったく売れ線でもなく、売ろうとも売れるとも思ってないですが

もしこの曲が一応形としてここで聴けるようになってて

もしこの世界のどこかのだれかがたまたま耳にして

そしたらもしかしたらそのだれかを救えるかもしれない…

この曲は、心の何処かでほんとにそう思ってる。

 

わたしもわたしなりに悲しみを知っている。

それがあなたのと一緒かどうかは知らないけども…

わたしも一応は、知っていますよ…

 

「星の名前」

灯りを消して
言葉を消して
僕におしえて
あの星の名前

思い出は燃やそう
苦しみは逃がそう
僕におしえて
あの星の名前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)