先日、落合館ライブのとき、実家に泊まったのですが

朝起きたら、なんと、父がおべんとうを用意してくれていました。

 

 

お弁当なんて、誰かに作ってもらったの何年ぶりだろう!

高校生以来のような気がするから、軽く十年以上ぶりです。

なんだか、じーんとしました。すごくうれしかった。

お弁当って、こんなにうれしいものなんですね…

父は近年料理をよくするみたいなんですが、結構おいしいです。

 

私が高校生の時、母は自分の仕事も忙しいのに、ほぼ毎日お弁当作ってくれてました。

当時、たいへんな不届き者だった私は

そのありがたみがまったくわかっておらず

平気でお弁当を残して持って帰ることもありました。。。

 

料理って作るの大変ですよね。

今は私もほぼ毎日夕食を作りますが、

ひとりで品数作るのってとても大変だし、そもそも献立考えるのも大変だし

これを毎日、しかも家族6人分やってた母は、すごいなあと思います。

 

こんな歳になって、ようやく家族にありがたみが身にしみてわかるようになりました。

いつまでたっても甘えグセが抜けなくて、恥ずかしいとも思いつつ

やはり親子は親子だなあと、思うこの頃です。

 

それにしても、お弁当ってうれしい。

私もいずれ、家族にちゃんとお弁当を持たせてあげられるようになりたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)