私は、普段まったくと言っていいほど音楽を聴かないので、

音楽に非常に疎いです。

特定の好きなミュージシャンもいないし、

どちらかというと、演奏してる人は関係なく、

いいなと思った楽曲そのものにハマるタイプなんですが

 

そんな私が唯一、ドハマりした過去があるのが

プログレッシブ・ロックの大御所たちであります。

エマーソン・レイク・アンド・パーマーは

大学生の時、毎日のようにリピートして聴いてた時期がありました。

 

特に、2ndの「タルカス」に収録されてた「Jeremy Bender

これは小曲ですが、私が今まで知り得た楽曲の中で

最も好きだといっても過言ではないくらい好きです。

すぐ終わっちゃう、あっという間のシンプルな曲で

歌詞もなんかよくわかんないんですが

自分でも不思議なほど、この曲が本当に好き。

私にとってのNo.1キラーチューン。

 

その他、もちろんタルカスも大好きだし、

3rd「トリロジー」の「Hoedown」大好き。弾けるようになりたくて練習した笑

「BRAIN SALAD SURGERY」はかっこ良すぎて…

これ初めて聴いたのはどっかの駅の構内で、移動中だったんだけど

iPodから流れてきた時、思わず足を止めた。

ELPは、圧倒的で、気軽に聴けない。

一遍の映画のような重厚感。全神経を総動員して聴かないともったいない。

 

まあ御託はとにかく、本当にかっこいいんです。

とにかくかっこいい。恐ろしいほどかっこいい。

恍惚の音楽。

それが私にとってのELP。

 

 

つい先日も、実家で父と「プログレ超かっこいい!!」という話で盛り上がり

大御所バンドの名曲をふたりで大熱唱してたとこでした。

 

今回のニュースは、心から残念に思います。

“Jeremy Bender” への4件のコメント

        1. 岡ちゃん

          いやー中間部以降は練習せねば弾けないっす…超絶技巧…
          追悼したいんですが技術が… 涙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)