今日は大磯のまる工房さんにお邪魔しました!

陶芸家の丸岡さん。

焼くときにかける ゆ薬をご自身で手作りされる、自然から生まれたやさしい器を作る陶芸家さんです。

   
 
ゆ薬は、植物の灰から作るそうです。

椿や竹、スダジイの木から作られる灰は色もさまざま。

まさに自然の織り成す色合い!

   
    
    
   
焼成してみるまで、その色合いはやってみないとわからないんだそう!

まさに自然から生まれる陶器です。

ゆ薬の灰は、作るのに1年もかかるとか!!なんて時間!

   
 
ご自身で手作りされた穴窯

こちらもまた、自然ならではの風合いを醸し出します。

まる工房さんの器は、見た目も美しく

何より使ったときに、柔らかさというか

あたたかさを感じる器だと思いました。

ぜひ、手にとって見てみていただきたいです!

大磯では今古今さんで展示販売しています。

箱根の天山湯治郷でも取り扱いがあるそうですよ!

天山さんの自然の風合いにもぴったりだと思います!

まる工房さんの器はウェブサイトもぜひ見てみてください!

丸岡さん、大変丁寧でわかりやすいご説明、ありがとうございました(^^)

*

今日は鼻声ですみませんでした、、、どうも風邪ひいたみたいです><

お聞き苦しくゴメンなさい!

  
今日はゲストにチーム紗来展のマネージャー村上さんにも来ていただきました!

帰りには村上マネと奥原Pと打ち合わせ。

写真とろーとしたら肖像権主張されましたあーー笑

だもんで後ろすがた。。。

みなさん遅くまでありがとう!

親愛なるチームメンバーのみんな

ますます子守されてる気分。笑

ありがとう

やるよーーーー!!わたし!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)