今日はとても天気が良くて、朝ちょびっと買い物に出かけてしまいました。

小春日和らしいですね!!

たしかにあったかい。

 

 

突然ですが今日は昔話をします。。。

みなさんは今まで生きてきて、「あー あのときは本当に楽しい時期だったなー」と思う時期はありますか?

ちなみに私にはあります。

 

それは、もう20年近く前の、今の時期。

小学生の時、うちの実家に子犬たちがあふれていた時期のことです。

 

話すと長くなるんでざっと書くと、

→ある日、近所に捨て犬(メス。成犬)が見つかり

→その捨て犬が実家に居座り

→そのまま家で飼うことになり

→「ブチ」と名付け

→そのうちに「あれ、なんかあいつお腹大きくなってきてない?」

→「ブチ、妊娠してんじゃん!!」

→ブチ、6匹の子犬出産。

 

その、子犬たちが生まれた日が、今日11月16日です。

 

 

あの年はすごく寒かった気がする。

ブチは外で飼ってたんですが、出産間近になるとやたら室内に入りたがった。

結局、納屋の中でねぐらを作ることになり

毎晩隅っこに丸くなって寝ていました。

あまりにも夜が寒いもんで、ブチはちゃんと出産できるんだろーかと

子供ながらに心配してソワソワしてたのを覚えてる…

 

そして11月16日の早朝、納屋から鳴き声が聴こえて

おそるおそる見に行くと、そこには

薄ピンクのハムスターのような

ちっこい子どもたちが生まれていました!!!

 

 

それから、子犬たちが目を開け、歩けるようになり、

ご飯を食べれるようになり、庭を走り回るようになり、

みんなもらわれていくまでの数ヶ月間は

ほんっっっとーーーーに楽しかったです。

毎日毎日、家に帰ってくるのが楽しみで仕方がなかった。

ほわほわで、ちっちゃくで、やんちゃで、

走り回って壁と壁の合間にはさまったり、ほっといたら膝の上で寝ちゃったり、

そんな子犬たちと、弟やいとこたちと一緒に遊びまくった毎日。

 

結局、子犬たちは全員もらい手が見つかり、

うちには6匹のうちの1匹、いちばん体がおっきかったので

「でかぽん」と名付けた犬が残りました。

ブチとでかぽんは、家族の中では特にうちのばーちゃんの愛情をたくさん受けて

元気に(時には元気すぎるほど元気に)生きていました。

 

 

 

ブチもでかぽんも(おそらくでかぽんの兄弟も)みんな亡くなってしまいましたが

未だに、実家に戻ると庭にでかぽんがいる気がしてしまい

いないことのほうが違和感を感じます。

ちなみに、ブチもでかぽんも、未だに何度も夢には出てきます。

今でも、ブチとでかぽんそれぞれの毛並み、特に私が好きだった耳の毛並み

鳴き声、匂い、瞳、思い出します。

 

11月16日は、いつまで経っても私にとっては忘れられない日です!

でかちゃん、お誕生日おめでとーー!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)