私は、わがままです!!

 

しかも、

かなりのわがままです!

 

と、

うすうす感じてはいましたが、今日確信しました。

どうやら根は相当のわがままらしい。

 

今日はいろいろと人と話す機会があり、

まず午前中にカラーセラピーなるものを受けたのです。

用意された紙に塗り絵のように色を塗っていくことで、

己の心の状態がわかるという。

とくに深く考えずにもりもり塗ってくんですが、

その結果が衝撃だった。

いろいろあるんですが、とくに破壊力のあったポイントは

「私は今、おおいに悩んでいて行動ができてない。欲求不満」ってことと

「本当はものすごく無邪気で天真爛漫なのに、人の目を気にしてそれが出せてない」ってこと。

 

なんか…

ついこの前、「本来の自分を隠すの、よくない!出そう!」と決意して

実際次回の紗来展のテーマなんて「暗闇(隠していた部分)を見せる」にしたし

それこそが我が道!と決めたはずだったのに!!

振り返れば、なんにもそれができてない自分がおるよ!!

やっぱり、「いい子」やめれてないじゃないかあー!

だから、創作に行き詰まってるってのもあるんだろうな…

 

セラピストさんにも

「本来の自分という強烈なものを見せれば、賛否が分かれるかもしれない。

離れる人もいるだろうし、その一方で強烈なファンもできるかも。

批判を気にしてあいまいなものを出すと、

聴く側の反応もあいまいなままかもしれませんよ」

と言われ、

ああ…そのとおり…

おいらはやっぱり人に嫌われるのが怖くて怖くて、

当たり障りのない生き方が身に染み付いちゃってるのだよ…

 

ライブってむずかしい。

音楽表現ってむずかしい。

やっぱりお客さんには来てほしい。

人が集まらないことは、本当に苦しい。

だから期待に応えたいし、リクエストにだって可能な限り応えたい。

求められることに応えたい。

それでまた来てもらえるようになりたい。

自分のやりたいことと、求められてることの、葛藤。日々是葛藤。

 

でも、強烈に輝きたいのだったら、それでは足りない。

私は私の中の、強烈で、激しくて、燃えるような、激流のような

よくわかんないけどそういう何かを、表現しなきゃいけない。

たとえそれで誰かに拒否されても、それでもやらなきゃいけない。

どうにも、そんな気がする。

 

まあ、もちろん、すぐにそんなロックスターばりのことはできません。

徐々に出していけるようになりたい。

 

今日、私が塗った色の配置は、

相対する色が隣り合っていることが多かったらしい。

例えば「愛」と「拒絶」が隣り合って同じテリトリーにいたり、

「無邪気さ」と「神秘」が隣り合っていたり。

これはなんとなく納得できる。

私は、ふたつのものごとが相対する感じが、大好きです。

相対してるのに、ほんとは相対じゃない気がするんだな。

光があれば闇が必ずあるように。

善と悪。愛と拒絶。喜びと悲しみ。

それらは正反対の遠いものごとじゃなくて、ほんとはおんなじっていうか、

いっそ、どっちでもいいっていうか。

胴体がひとつ、頭ふたつの龍みたいな…

 

あと、私は今まで受けた人の中で一番ってくらい、

たくさんの色を使って塗ったらしいです。

「複雑…ですね」

ははは。そうそう。そうみたいです。

 

そんなこんなで、午後も人とちょっと話してて

「あなたは元来相当わがままだ」という話題になり、

あーやっぱりそうだよなーと再確認しました。

「わがままって、ものすごく嫌なんですけど…」と言ったら、

「でも、わがままが許される信頼関係があれば、わがままはわがままじゃない」と。

そうか。

なので、まずは多少のわがままが許される信頼関係作りから、

私は始めないとならないのです。ふむふむ。

 

まーそんなかんじですけど、とってもすっきりしました。

いいや。わがままで 笑

おのれをさらけ出そう。

かっこつけたり、誰かの視線から逃げたりするのはやめよう。

ステージに上がるならば、そんぐらいの度胸がないと。

私の選んだ道は、そういう道なのだな。

“わがまま!” への4件のコメント

  1. こんばんは
    やっとわかったようで安心しました。
    同類ではないでしょうか。
    違うって・・・
    私もわがままX1000くらいです。
    子供時代からそう言われてます。
    だから初めて出会った人は一生記憶に残るそうです。
    いい意味でも悪い意味でも。
    それが己のカラーなんですね。
    パステルカラーなんてものじゃないんですよ。
    真っ黒かも知れませんね。
    まあ中途半端にヘコヘコするより私ってこれなんだぁーーーですね。
    どんな色なのか楽しみですね。
    創作とはカラーをぶつけ倒していくものかと。
    わがまま同士って変に仲いいですよ^m^

    1. 敷島さん
      あれ??すでにバレてましたか!笑
      そうみたいです~相当わがままらしいです。
      でも、じゃなきゃ、ライブなんてやって、「俺の歌を聴け」ってやりませんよね…
      よくも悪くも、それが自分のカラー。
      自分が感じることを正直にさらけだしていこうと思います。
      もしかして、今までの人間関係が一新されてしまうかもしれないけど笑
      でもきっとそこに、本当に求めるものがあるのかもしれません。
      極彩色をぶつけていきます。
      わがまま同盟つくろうかな笑 
      この件でなぜかへこんでたんですけど、敷島さんのコメントで元気出ました。
      いつも、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)