今日は実家のピアノにひたすら向かってました。

来週末の小田原でのコンサートのこと、

来月の紗来展のこと、

もんもんと構成など考えながら、弾いたり作ったり歌ったりしておりました。

 

やはり苦しいのは、ぽーんと、想い通りに歌を生み出せないことである。

当たり前なんだけど。

「こりゃあいける!」と思うのなんて、ほんの一瞬。あるかないかの奇跡的瞬間で、

あと大半は「あーなんかちがうかもーどうしようー」の繰り返し…

インスピレーション。

そりゃ、いいよなあ…

「感じよう、感じよう」とすればするほど、

感覚って遠ざかっていく気がする。

きっと、「感じよう」としてる時点で、なんか変な力が入っちゃってるんだ。

思えば今までだって、何かを感じたのは「感じよう」と思って感じたんじゃない。

ごくふつーにしてて、感じたのである。

力みからは、何も生まれないのだ…

 

私がいちばん怖いことって、なんだろうって考えていました。

それは、自分の歌が、聴いた人に受け入れてもらえないこと。

少しでも心を動かすことができないこと。

それがいちばんこわい。

一応、必死になって、絶対いけるだろって思って歌った歌を、

「ふーん」で済まされてしまうことが、とてつもなく怖い。

ああ、そんなの、よくあるっていうか、人の好みはそれぞれだもの。

しかたないことなんだけどさ…

 

でも、だから、「ふーん」では済まされないように、

ほんの1ミリでもいいから、何かを動かせるように

いろんなひとに受け入れてもらえるように

力を持った歌が歌えるようになりたい。

そういう伝えかたが、ちゃんとできるようになりたい。

 

私は元来、ものすごい泣き虫で、

何かあればすぐに泣いてしまうんですが、

むかーし、ある人に言われてすっごく傷ついた言葉があります。

「あなたはいつだって、自分のために泣いてる。

たまには、人のために泣いてみなさいよ」

 

この言葉、今までの人生でいちばん傷ついたといっても過言ではナイ!!

めっちゃくちゃ、痛かった!!

なぜなら、ものすごく、思い当たるところがあったから。

 

今、こうやって歌を作ったり、歌ったりしていて、

何のためだろうと思うと、

すごく、自分のためだと思う。

歌で、自分の中にある何かを吐き出したくて、

それをだれかと分かち合いたくて、

救われたくて、歌っている。

そして実際に、救われている。

お世話になっている気功の先生はこう言う。

「あなたは本来、代謝も悪いし、全然健康なタイプじゃないんだけど

歌とかで表現が出来るから、それで全部まわってるんだよね」

ほんとにその通りだと思う。

私は10年近く、まじで一度も発熱してないです。

 

仕事っていうのは、きっと人のために何かをやって、人から求められて、

それで初めて仕事になる。

私は、歌で誰かを元気にしたいとか、笑顔にしたいとか、

そういうことってあんまり考えられない。

でも私が歌うことで、その人の心が震えて、

普段は考えないこと考えて、掻き立てられて、もがくようになったらいい

そう思っている。

いかにもまぶしい言葉とか、あまったるい言葉とか、

それでは救えない部分が、もしかしたら救えるかもしれないと思っている。

なんて言うとかっこよさげなんですけど、そこで私が求めてるのは、

そうやって誰かの心を動かすことで、

自分が救われたいんです。

私の中のどうしようもない想いを、

ただただ、だれかと分かち合いたい。

いっしょに泣いたり、笑ったりしたい。

歌を通して。

音楽を、通して。

 

自分のため、だれかのため。

それは、尾っぽをかみ合う二匹のへびのように(ネバーエンディングストーリー…!)

どちらでもあって、どちらでもないような

そういうビミョーな感じなのかもしれないですけど

このビミョーな問題を抱えつつ、とにかく表現しないと生きていけないかもしれないので

もうなんでもいいからやってみようと、てかやるしかないだろと、

あらたに心に誓ったお盆でございました。

ああ、またよくわからん内容ですみません…

考えてる暇あるなら、歌えよ!って、ほんとそうなんですけども!!

考えて、すみません!!

 

ああ、でも最後にひとつ。

「自分のために泣いてる」

その言葉、今はすごく大切な言葉です。

思い出すとズキズキするけど、

でも、あんなこと言ってくれる人、なかなかいない。

人を殴るとき、殴られるのも、殴る方も同じように痛いのですよね。

悪役って言うのは、ある意味、下手なヒーローよりめちゃめちゃ偉大なのだ。

優しくて、温かい言葉だけが、その人を成長させるわけではないのだ。

 

最近、どっこいナイーブですけど

お盆終わったし(終わってないか)

おだわらコンサートまであと一週間だし!!

どっこい!!やりますよ!!(どっこい、口癖になりつつある。歌詞にもしそう)

きあいだ!!

“何のために” への2件のコメント

  1. 誰かの心を動かす時に
    必要というか、あるものって
    「共感」なんじゃないかと思います。

    共に泣くのも笑うのも、根底にあるのは「共感」。

    漢字にも現れてますね~^^

    1. seitaiplusoneさん
      いつもありがとうございます!
      そうですね、ほんとに共感が大事ですよね!
      何が共感を巻き起こすのかを探る作業が
      大事だったりするのですよね…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)