5月だあ!

いつのまにー!

世間はゴールデンウィークに突入ですね。

周辺の友人たちはみんな海外へ。。。いいなあと思わずにはいられないけども、、、涙

気分はゴールデンでいきたいものです!!

天気がよくて、暑い。なんだか、今年は暑くなるの早いなあ。

 

明後日3日は、箱根湯本のイベントに出演します!

ゴールデンウィークの箱根…この時期に行くのはじめてだ…

よければ遊びがてらぜひ見に来て下さい!

—————

★2015年5月3日(日)

湯本見番 初夏のおもてなし(1日目)

日時  5月3日(日曜日)
10:00 〜 17:00
(小澤紗来の出演予定時刻は14:00)

場所  箱根 湯本見番
(神奈川県足柄下郡箱根町湯本694)

《 出演者 》
宇宙倍音楽団 (民族音楽器)
箱根湯本芸者 優美子  (胡弓)
小澤 紗来 (キーボード弾き語り、物語の朗読)
ゆるぎ  (能、民族楽器、ギター、ボイスパーカッション)
Mojo world (倍音楽器 )
タケシィ (唄三線)
Lyla (Daccer)
Eva Ebaco (Dancer)

詳しくはこちらを御覧ください

—————

 

話変えます。

最近読んだ本

「石を積む人」

エドワード・ムーニーJr.作 杉田七重訳

 

よかった。

何が良いって、会話がすばらしい。

こんなに自然で、普通で、それでいて読む人を引き込む会話。

人物描写、心情の描写がとても自然で豊かで、心にすんなり入ってくる。

情景がありありと目に浮かぶ。心情が風景のようにみずみずしく広がっている。

美しい美しい映画のようでした。

 

主人公の男性は八十歳。

「老いる」ことの描写、心情が、いたたまれないほど鮮明で心がヒリヒリする。

いつか自分が、この主人公のような歳になったら

同じように感じるのだろうかと、そう思いながら読んでいました。

 

 

私は本についても、とても好き嫌いが激しく、、、(みんなそうかもしれないですが)

いつも本屋で、何を手に取ればいいのか、すんごく迷う。五分の確率で失敗する。

(この「好き嫌い」の判断が自分でもよくわからない)

 

でも、両親は小さい頃から、私にこう言っていた。

「本にかけるお金は惜しまないように」

本ならいくらでも買っていいし、読んでいいと言っていました(よね?たしか)

 

ゆえに私は、本は買う。

 

ああ、本はいい。物語はいいなあ。

やっぱり、誰か人間が作り出す世界は、とても尊くて美しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)