去る12月11日(木)、私の祖父が亡くなりました。

私が実家を出るまでの19年間、

ずっと一緒に暮らしてきた、私の家族でした。

 

先月から入院していたそうですが、紗来展前だからと家族が気を遣って、

私はそのことさえ知りませんでした。

つい先週の月曜に、祖父の容態が悪化して意識を失ったと聞き、

火曜、水曜と、病院にお見舞いに行きました。

意識は戻ることなく、木曜日に、

家族全員と、たくさんの親族に見守られる中で

83歳の生涯を閉じました。

 

破天荒で、注目されることが大好きな人だったから

きっと、ブログとかに書いたほうが喜ぶんじゃないかと思って

このことを、どのように語ればいいのか、考えていたのだけれど

やっぱり、まだ、何を書けばいいのか、わからないみたいです。

ただ、やはり、何があったかということを書かないわけにもいかない。

もう少し落ち着いたら、じいちゃんのことを、しっかり書き記そうと思います。

 

 

昨日、告別式まで終わって、今日から私は通常の生活に戻りました。

けど、なんだか、まだ夢から覚めないような

ぼーっとした感覚で、何度も何度も、この一週間のことを思い返しています。

 

永遠のような、一瞬のような、一週間だった。

未だに、あのすべての瞬間が心に焼き付いていて。

 

 

私の、大切な、大切な家族。

あの家で、一緒に暮らした、私の大切な家族でした。

じいちゃん、ばあちゃん、パパ、母さん、弟、そして私

あと、もう死んじゃった二匹の犬達。

私達は、6人と二匹で、家族でした。

 

 

 

たくさんの方からお悔やみの言葉を頂戴いたしました。

みなさまのお気持ちに、家族ともども心から感謝を申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)