だいぶ遅れてしまいましたー!

今週のラジオでは平塚市美術館にお邪魔してきました。

現在開催中の「横山大観の富士」展。

日本画の巨匠、大観の、富士山をモチーフにした作品のみを集めた貴重な展覧会。

すばらしかったです。

大観の絵、あんなにたくさん見たのははじめてでした!

テーマが絞ってあると、より見やすいですね。

 

大観の作品は政治や世の情勢と密着していて、

戦争中は、桜や太陽などとともに富士を描き、より日本を意識させるものを作ったそうです。

戦後は復興のシンボル的な意味合いも含め、富士山を描いたらしい。

 

50作品以上の富士。

ひとりの作家が、同じシンボルでこれだけの作品を作ったということに驚きました。

何か、強い意志を感じました。

 

横山大観の富士展は今月24日まで開催中です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)