アニメーターの才能がほしい!!!

…と、無い物ねだりしたくてしかたないこのごろ…

 

最近、毎晩お風呂に入りながら

iPadで映画とかアニメ見るのが日課になりつつあるんですが

その中で見た「攻殻機動隊」と「東のエデン」が

おもしろすぎて、クオリティ高過ぎて…

はーーーすごいなあ…

アニメって、ホントに日本の資産だと思う… すごいよ…

 

ああ、アニメーション作りたいなあ。涙

I know… どれだけ人員と労力がいるかことか…

 

だけど、このようにハマってしまったもので

私の中では、次の紗来展の主人公達が

完全なるアニメーションで生き生きと動いているのを、もりもり想像してるんだけど

I know! 絶対ここまではできないんですが。涙

 

でも、アニメーションっぽい雰囲気はがんばって出そう…

というわけで今回も動画に力入れます。

 

 

ちなみに「東のエデン」は、テレビ版の「攻殻機動隊」と同じ監督さんだというので

気軽に見てみたんですが、

単なる偶然なんですけど、この主人公の名前が、次の紗来展の主人公と同じ名前だった。

しかも、ヒロインの名前は「さき」だった…

いやーほんと小さな偶然なんですが、ちょっと勝手に運命(?)感じてしまいましたー

がんばろうと思いました。これくらいおもしろい作品めざせるように。方向全然ちがうけど。

 

それにしても、自分と同じ名前の主要登場人物が出てくると

どきどきしますね。

そういえば、同じ名前の登場人物が出てくる作品って

あんまり見たことなかったかもしれないです。すっごいちょい役とかならあったかもだけど。

「さき!!」

と劇中で呼ばれると、ビクッとする。無駄に。

 

 

これと同じような(?)体験を過去にしたことがある。

高校生のとき、スペインにホームステイしに行った時のこと。

ステイ先の家で飼ってたパグ(犬)の名前が

「サキ(スペイン語表記だと、おそらくZaqui)」だった…

 

私が自己紹介した瞬間、そのファミリーは

「サキ?!まじで?!うちの犬といっしょ!!!」と

大爆笑したのでした…

あの時の複雑な気持ち、ワスレナイ。

 

この「サキ」ちゃん(くん?)が、まあ、あんまりお利口さんではないらしく

毎日始終、ことあるごとに「サキーーーー!!」と怒鳴られてるんである。

そのたびに私は、自分のことじゃないとわかっていつつも

やはりドキッとするもので、

そして、怒られまくる「サキ」ちゃんを、一層フクザツな気持ちで見ていたのでした…

(スペイン語で「サキ」ってどういう雰囲気なんだろう。

ちなみに、そういった固有の単語自体はない。

日本て言う「ポチ」的な感じなのかも…ポチ… )

 

 

話がそれましたが、「攻殻機動隊」も「東のエデン」も超おもしろいです。

「攻殻機動隊」は20年以上前からの名作で、私があれこれ言うこともないですが

サイバーパンクSFという分類になるらしい。

サイバー系好きなので、私はモロ好みの作品なんですが、

「東のエデン」は、「『月9』を見る人も楽しんで見られるアニメ」というのを

目指して作ったらしいので、より一層とっつきやすいです。

おすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)