やっほい!

8月下旬もう一本ライブ決まりそうです!

てか、ほぼ決定しました!うれしー!

まだ詳細は未定ですが、ちょっと大人な演奏会になる予定です。

わくわくしてきたー!諸々決定次第お知らせします。

来週会場下見にいってきます!

 

毎度浮き沈み激しくて、昨日と打って変わってこんなかんじですが、

ぎゃーぎゃー騒いでるだけで、結構図太く生きてます。

 

石井ゆかりさんという星占い師の方、ご存知ですか?

とても著名な方なので、知ってる方たくさんいらっしゃると思うのですが、

私は今年初めてこの方の占いに出会い、衝撃を受けました。

星占いぜんぜん興味なかったのですが、石井さんの占いはほんとにすごくて、

「なぜ、会ったこともないのに私のことそんなにわかってくれてる?!」

と言いたくなっちゃう。

そして、読んでるうちに

「ああ、こんな自分、案外いいじゃん!」

って思えてくる。

いつもふとした瞬間に勇気と希望をもらえるので、すごくありがたいです。

 

で、今日もふとネットのニュースで石井さんの記事が出てて、

こんなサイト見つけました。

MY LOHAS 【スペシャル寄稿】石井ゆかりの12星座別「夢」の描き方

おもしろいのでぜひご覧あれ!

「夢」をテーマに、12星座別の占いというか、

物語のように美しい文章が読めます。

本当に文章が美しい。大変勉強になります。

 

ちなみに私は愛と情熱と執念の蠍座。

こんな文章でした。以下転記させていただきます。

 

さそり座の「夢」は、涙の川が最後にたどり着く、
ごく低い場所にある海です。
悲しみの果てにたどり着いたとき
そこに見る、たとえようもなく大きな夕日です。
どんな大きな空虚もなみなみと満たしてしまう、
オーロラをまとったナイアガラです。
貴方が抱いている夢のあり方は
ほとんど言葉では説明できませんし
人にも理解されることが少ないだろうと思います。
でも、貴方には、世の中で賞賛されている多くのものが、
一般に想像されるような材料でできてはいない、
ということが
本当によくわかっているのです。
ダイヤモンドは炭素でできています。
喜びは苦しみからできています。
だから貴方は、その果てまで輝きの材料を汲みにゆき、
やがて、そこから戻ってきます。
耽溺、蕩尽、没入、陶酔。
人の心が持っている本来の力を引き出したり、
それに触れたりすることが
貴方の描く「夢」の中に、必ず含まれているはずです。

【スペシャル寄稿】石井ゆかりの「夢」の描き方<さそり座>より

 

これ読んで、ちょっと泣きそうになりました 笑

いつも感情に振り回されて、そして自分でもそれを望んでいて

激しく強く、深く、自分と世界を求めている。

涙の行き着く先、悲しみの果ての大きな夕日、

ぜったい見たいよ!

 

毎日あーだこーだうるさい私の日記を、読んでくれてありがとうございます。

夕日が見れたら、ぜったいにみなさんにも見せたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)