映画、「リトル・ミス・サンシャイン」を見ました。

久しぶりに、映画見て、泣いた…

素晴らしい、家族のものがたり。
ぜひいろんな方に見て欲しい。

映画の中で印象的だったのは
大小さまざまなハプニングが起こるたびに
バラバラだった家族が寄り添いあっていく姿。

ハプニング
絶望、挫折、悲しみ、
人生においてあまり遭遇したくないもの
でも遭遇してしまうもの

でも、それと出会ったとき、人は変わる。
悲しみや絶望の先にこそ、新しい未来がある。
それに出会ったときこそ、自分を方向転換するチャンスなんだ。
むしろそれがなければ、新しい未来は来なかったんだろう。

個人的には、寡黙な長男のドウェーンの姿が
すごく愛おしかったです。

超オススメ。ぜひ見て欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)