今年の一字が決まりましたね。
今年は「輪」だそうで。

私も毎年、今年の一字を決めたり決めなかったりするんですが
去年は、「機」
転機、機会、心機一転…
素晴らしい転機を体感し、たくさんの機会を得て
まさに始まりの年でした。
初めての紗来展。初アルバムの紗来景。
未来に希望をたくさん感じました。
力強く歩こうと決めたわけです。
ちなみに当時の記事はこれ。随分明るいわ〜 笑
一年後こんなになってるなんて、思ってもいなかったな…この頃は…

そこで作った曲が「Prelude〜予感と決意〜」超ワクワクな曲。笑
そして年明けの紗来展のテーマも「希望」
今思えば、大変強気だったなあー
願えば叶うと、進めばたどり着くと信じていたんです。

そして今年の一年。
私の一字は「望」かな、と思うこの頃。
希望と、絶望の、望。
今年は、たくさんの喜びを感じた反面
悲しみもまた、深い年でした。

絶望は、始めからそこにあるんじゃない。
希望があるから、絶望するんです。
希望を抱いていなかったら、絶望することもないのですよね。

私は今まで、毎年毎年、年を追うごとに、いい年になると思っていました。
小学生、中学生と始まり、現在に至るまで、
年々自分はマシになっていくというか 笑
だから、過去のことってどんどん忘れていって、
過去の出来事も付き合いも、どんどん遠ざけても気にしないで、ある意味薄情だったんだろうな?!
だけどねえ…今年は生まれて初めて思いました。恥ずかしながら。
「去年に戻りたい」って。

正直、今はこう感じてしまうこともある。
あの時見えていた、希望とは何だったの、と。
その光が確かに、私には見えた。
だからここまできた。
けど、今私のいる場所は、思い描いていたものと程遠く…
神様がいるなら、教えてほしい!
なんで、私に、希望を見せたんだろう。

けど、その光を見たから、
私はここまで来れた。
来た場所はどうであれ…

希望は、遠くにあればあるほど、
今ここになければないほど、
求めてしまう。
望んでしまう。

今、思う。
私は、本当の意味の「希望」を学んでいるんだと思う。

それは、
「絶望」と表裏一体であり、
深い深いつながりがある。
希望は、遠くに見える。
絶望は、今ここにある。

本当の意味での「希望」を
私はわかりたい。

長くなりましたが、なんでこんな話書いたかというと、
今週末のライブで、「希望」をテーマにするからです。
希望で始まった今年に、
私なりに決着をつけるために。
一年考えて、変わった、希望の形。
それをお見せできればと思っています。

余談ですが、
「望」とは、目を見開いて、爪先立ちしながら、遠くを見る人
の象形文字らしいです。

“「望」” への2件のコメント

  1. ワタシの今年の漢字は「動」です。

    カントリーミュージックライブに競技場でのプロサッカー鑑賞、、映画鑑賞、
    東京名所探訪、神奈中バス路線乗りつぶし、日本講談協会定期公演鑑賞と
    1年を通して、忙しく動き回りました。

    自分の足で動き回れる「幸せ」を楽しめた1年でした。

    水曜日は好きなライブが多いおかげで、紗来さんのラジオを2週続けて
    聴き逃したのが残念!   先週から「独り立ち」してたんですね。

    明日は出かける予定がないので、バッチリ放送が聴けます。

    江古田にも向けても、もちろん「動」いて行きますよ。
    (代官山ライブの時お願いしたもの忘れないでね・・・)

    1. 夜の騎士さん
      コメントありがとうございます!
      お忙しかったんですね!
      よかったです、もしかして体調崩されたのかな…と勝手に杞憂してしまってました!
      さすが「動」の夜の騎士さんです。
      私もたしか、2011年の一字に「動」を選んだ気がします!
      夜の騎士さんの日々は、まさに「動」の一年ですね!

      今週からはもこさんも復活する予定です!
      改めて楽しく放送していければと思います^^

      江古田ライブもありがとうございます!
      例のものもお持ちしますね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)