思うこと 日々つれづれ

雪の降る世界

私たちは日々、色々なことを感じながら生きている。

たとえば、今日食べたごはんがおいしかったとか、

美しい夕陽を見て泣きそうになったとか、

誰かに言われた一言に傷ついたとか、

応援してる野球チームが負けてがっかりしたとか、

小さなことから大きなことまで、本当にいろいろ感じながら生きている。

 

その感じたことたちを、

みんな、他の人に話して聞かせてるんでしょうか。

家族に話したり、友達に話したり、

人それぞれだと思うけど。

 

最近、誰にも見せない日記を書くことにしました。

完全に、自分ひとりのためだけの日記。

その日に何が起こって、それで自分がどう思ったか、何を感じたかを

ただただ記録する。

できるだけ俯瞰で書けるように心がけてます。できてないときもあるけど。

 

毎日24時間あって、意外といろんなこと感じてるんだなと、

あらためて思う。

 

そして、そのほとんどを、自分の中でだけで消化して

他の人と共有なんてほとんどしてない。

 

家族とは離れて暮らしてるし、たとえ一緒に暮らしてたとしても

なんでもかんでも話したりはしないだろうな。

もともと友達にもあんまり話す方じゃないから、

日々自分が感じたことは、どんどん自分の中にだけ、たまっていく。

 

でも、考えてみたら

多くの人がそうなんじゃないかな。

みんな、自分の中に、自分だけの世界がある。

その世界では、雨が降ったり、雪が降ったり、時には快晴だったり。

 

自分の中の世界を、誰かと分かち合うことができたら。

誰かの世界を、間近で感じることができたら。

それはすごく素晴らしいんだろうなあと思う…

 

今、私の世界には雪が降っている。

音がなくなって、静かで、ほの明るくて、真っ白な世界に

雪がしんしんと降り注ぐ。

そんなイメージ。

冬ですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)