またしても神話を読んでます。神話、大好き。

最近読んでるのはこれ。

 

51JFA14JRCL._SL500_AA300_

 

 

「北欧神話」!

 

これ、読みやすくて、超おもしろい!!

 

ギリシア神話もおもしろかったけど、

北欧神話はまたひと味ちがう。

北欧神話の方が好きかも。

なんだか、神様たちが非常に非常に個性的。

すごく愛着がわきます。

そしてお話もおもしろいんだなあ。

だいたい、結末である「神々のたそがれ(ラグナロク)」は

要するに世界の滅亡です。神様は(ほぼ)全員死んでしまう。

しかも神様たちは、いずれその時が来るってわかりつつ過ごしている。

だから、なんだか切ない。全編とおして、私は切なさを感じる。

切なくて、美しい。

 

そう、そして、世界の設定も大変美しい。

世界の根源は「火」と「水」だとか、

ユグドラーシルという巨木が世界のすべてをつないでるとか…

今世の中にある、いろんな創作物は、この北欧神話に多大な影響を受けてるんだろうなあ。

 

 

いつも神話を読んでていて思うことだけど、

神様たちはみんな、全然正しくないし、結構まちがえるし、

嫉妬もすれば悪意も持つ。

欲も深いし、悪いこともするし、

まるで「人間」そのものの姿みたいです。

そして、「善」と「悪」で二元化されてるみたいなんだけど、

「善」も悪いことするし、「悪」がいいこともする。

二元化されてるのに、なぜか内側があいまい、みたいな感じがするな。

 

ああ、もうすぐこの本読み終わっちゃう。切ない。

別の北欧神話の本、買おうかな。

でも、じつは「古事記」も買ったんですよ…

こちらは、結構読むのがヘビー… 数ページしか進んでいない。

でもこっちも知りたいんだ。がんばって読もう…

“神々の日々” への2件のコメント

  1. ハイサイ!紗来さん

    読書いいですね!
    最近は夜眠る時、子供達と布団に
    入ったらそれぞれ好きな本を
    読みながら眠りにつくのが
    習慣になっています^ ^

    ユグドラシル…

    私の好きなアーティストの
    アルバムのタイトルがそれなんで
    すが、紗来さんのブログを
    読んで意味を知ることが出来ました!
    嬉しいー !! 笑

    1. YUKAさん
      寝る前の読書、いいですねーー!
      私も小さい頃、それはそれは大量の本を両親に読んでもらってました!
      小さい頃読んだ本は、本当に後々まで記憶に残ります!

      ユグドラーシルの木、素敵ですよね!
      たしか世界は、下界(巨人(悪魔)が住んでる)と中間(人間が住んでる)
      天界(神様が住んでる)の3つに別れてて、
      そのすべてをユグドラーシルの木がつないでる…
      という設定だった気がします!
      素敵…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)