みなさまに聞いてみたい。

「ああ、今日は最高の一日だった」

と、思うことってありますか??

 

私はあんまりない。

今までを思い返しても、「最高だった!」と思う日って、あったかな。

もともと色々考え込む方だからか、いいことがあっても、

「最高だ!」と思うことってない。

力を入れたライブは、やりきった感もあるけれど、

それでも「最高」の気分だと感じたことはない。

 

思い描いていた夢や目標を達成するとき、「最高」だと思うのだろうか?

たとえば、スポーツとかで優勝とか目指してて、成し遂げたとき。

たしかにそれって「最高」な気がするな。

でも、「最高」の次の日ってどうなんだろう?

「最高」は通り過ぎてしまうものなのかな。

 

「いい日」ってのはどんな日だろうか。

いいことがあった日かな。

「なんか今日はいい日だったなあ」って思うことはよくある。

なんとなく、心が満たされているような日。

 

満たされたり、足りなかったり、

人間の心はあやふやなものだ。

揺れ動いて、いつだって安定しない。

足りないものを埋めようとしても、何で埋まるのかわからない。

そもそも、足せば埋まるというものでもない。

むしろ、本当に足りてないのかどうかもわからない。

感情はいろんな方向に振れる。

一筋縄ではいかない。

ひとつの言葉や真理では語れない。

よくわからない、人間の中は。

 

なんとなく最近、毎晩寝る前に

「今日も最高の一日だった」

と言うことにしている。

実際は全然そんなこと思ってない。

まったく「最高」ではないんだけど、

でもとりあえずそう言ってみようかと思ってる。

それが何になるかはわからない。

 

みんな何かを探している。

私も何かを探している。

何を探してるんだろう?わからないんだけど…

けど、探している。

そして探している自分が、嫌いではない。

 

 

だいぶ寒くなってきました。

でも長袖が着られることがうれしい。

そんな九月の終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)