始まりました。新生活。

いやーまだ慣れない。当たり前ですが!

町の雰囲気もまだ慣れないし、なんか感覚が鋭敏になっていて

部屋にいても、いろんなことが気になる。笑

外で物音がすると、ちょっとビクッとするし、

エアコンが不穏な音を立て始めると、なんだ!と注視してしまう。

 

さておき、昨日の夜、ようやく片付けも一段落して、

必要最低限のものは買って来たし、さー明日からがんばろー!と意気込んで

お風呂も入って、あとは寝るだけ…というときに。

 

なんと。

 

水が出ない。

 

部屋のありとあらゆる蛇口から、水が出ない。

そしてなんだか外が騒がしい。

他の部屋の人同士が話している。

 

どうやら、断水したらしいです…

 

がーん!

 

夜も遅く、私はもう寝るだけの状態になっていたので、

さすがに外には出ませんでしたが、

とにかく断水したという事実はわかりました。

 

幸いなことに、お風呂も歯磨きも全部澄ませてたので、ぎりぎりセーフ。

とりあえず昨日はそのまま寝て、今朝起きて蛇口をひねりましたが…

やっぱり出ませんでした。水。

 

しかたないので、浄水器にわずかに残していた水を使って、朝の準備をする。

ああ、波乱の新生活。

まあ、今日業者さんが来るそうなので、

帰宅までには直ってることを切に、切に願います。

この暑さでお風呂に入れないのは、きつい!世間的にも!

 

しかし、久しぶりの一人暮らし。

この独特の緊張感。懐かしい。

やっぱり私は元来怖がりなんだなあと思います。

初めて東京で一人暮らしを始めた9年前も(げげ、9年も経ったんだ…)

どこかびくびくしながら暮らし始めたことを思い出す。

 

でもその時は、とにかく自由になれた気がして嬉しかった。

好きなものを食べて、好きな場所に行って、

なんでも自分でできること、自分だけの空間があることが嬉しかった。

正直、寂しさみたいなものはほとんどなかったのです。

もちろん、暮らしてる間に寂しくなることはあったけど、

それでも、気楽なもんだったなあと思う。

 

今は、ひとりって寂しいもんだなあ、やっぱり、と思う。

というか、今まで、知らず知らずのうちに随分助けられていたんだと気づく。

 

人と暮らすってことは、いい面が多いけど、やっぱりそれなりに煩わしい面もある。

それは誰と暮らしても、そうだ。

自分の都合を通せないことだってある。

だから、一人のほうが気楽って思うこともある。

 

だけど、改めてひとりになってみると、

今までは、何かある度にそれを共有できる人がいたんだ、と気づく。

たとえば些細なこと、まさに断水したとしても

話して一緒になんとかできる人がいた。

モノがなければ、用意し合える人がいた。

全部些細なことで、当初は特に普通にやってたことだけど

思い返してみると、いろんな場面で支えられていたんだな。

 

家族にしてもそう。

今回、丸一日ずっと引越しを手伝ってくれたけど、

本当に私一人じゃ何も出来なかった。

 

何が「自立」だよなあ、と思う。

思い返してみれば、支えられてばっかりで、

いつだって私は幸運で、子供だったなと思う。

 

今回、一人暮らしすることになって

改めて、ちゃんとしっかりしようと思う。

やっぱり私はあまちゃんだった。

強く生きねば。

今度は私が、誰かの支えになれるように。

 

“新生活” への2件のコメント

  1. ハイサイ!紗来さん
    引っ越しお疲れ様〜
    そして新生活スタートおめでとうございます!

    一人暮らし憧れです!!
    実は私やった事がないんです
    過去に戻れるなら絶対やりたい!!

    でも、私も怖がりの心配性なので
    いちいちビクってそうです 笑

    1. YUKAさん
      ありがとうございます!
      いよいよ新生活はじまりましたー!
      まだまだびくびくしてますが…笑
      でも、少しずつなれていきたいところです!

      一人暮らし、うちの母もしたことがないらしく
      「さきはいいな〜」とよく言われます。
      確かに、自分だけの時間、空間ってとても貴重なんですね!
      今だからできるこの生活、大事にしようと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)