日々つれづれ

今日は実家に戻って来てます。

午前中に新居の内装を採寸に行き、

ありとあらゆるサイズを測ったあと、

秦野に来て、「丹沢美術館」という美術館に伺いました。

今、改装中で展示はしていないのですが、

ひょんなご縁で館長さんとお話ができることになり、

少しだけですがお話させていただきました!

また何か素敵なことができたらなと考えてます。何か決まればお知らせします!

 

帰りは久しぶりに歩いて帰ろうと、バスで中井まで戻ったあと

かつての通学路をとことこ歩き…

DSC_0652

 

 

稲穂が本当にきれいな時期。

真緑。

私の実家の周辺は、ほんとーーーになにもないけど

何年経っても変わらずに田んぼはある。

歩いてると細かいことを思い出す。

あ、ここの水路、水かさときどき変わるんだよな、とか。

あ、ここの道路こうやってくぼんでるんだよな、とか。

 

よく、自然に癒される、とか言うけど、

私はあんまりそれが好きじゃない。

なんだろう、うまく言えないけど。

 

私にとって、このふるさとの風景は、

どうしようもなく心の奥底にある。

きっと死ぬまで、いや死んでも忘れないと思う。

小さいあの頃、泣いて、傷ついて、笑って、ふざけて

うれしいことも、悲しいことも、嫌なことも、忘れたいことも

どんな思いを抱いても

どんなときも、そこにあった風景。

 

大切なことはすべてそこから教わった。

癒すとか、癒されるとか、そういうことじゃなくて…

 

緑を見ると、泣きたくなる。

なんでか詳しくわからない。

 

どうしようもなく、私の、いちばん奥にある、風景なんだよなあ。

2 Comments

  1. 紗来さん 中井町って本当にのどかな
    所なんですね!私の実家は沖縄の南部に
    あってそこものどかでしたが、
    写真を見る限りかなりの、のどかさですね〜(笑)

    生まれ育った場所の風景があまり好きじゃない
    というのはなんか分かる気がします
    私もそうだから!うまく言えないけど
    悲しいこと、つらいこと、忘れたいことの
    方が多かったからかなあ…
    それでも生まれ育った大切な場所では
    あるんですけどね^ ^

    1. YUKAさん
      中井町、本当にのどかですよ!!
      特に私の実家のある地域は、町の中でも「超のどか」地域に入ります…
      神奈川とは言え、田舎はやっぱり田舎です…

      そう、生まれ育った場所はとてもとても大切なのに
      いろんな気持ちが錯綜して、フクザツな気持ちになりますね!
      あの頃感じた心の動きが、よみがえっちゃうんだろうなあ…
      それでも大切な場所ですね。
      いつも実家に戻ると、大人なのに、子供に戻った気がして、なんとも言えない気持ちになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)