第4回「紗来展」4日前です。

 

今日はふと、ある演劇の批評を目にした。

全然知らない演劇なんだけど、それについてある人が批評を書いてるんである。

緻密に作られた台本うんぬん… 役者〇〇の圧倒的な存在感…

大変完成度の高い作品… うんぬん。と。

それを読んで、なぜか自信を失った。笑

ああ、自分の作品は、批評されたら、きっと全然未熟なもんなんだろうな、と思って…

 

当たり前である。

何を高望みしとるのか…

でも、なぜか、ちょっと自信なくしちゃったんだよなあ。

私はまだまだなんだろうなって。

 

で、今日は夜に武間くんと練習してきました。

難しかっただろうに、すごくいい感じで弾いてくれて、うれしかった!

かっこいいフレーズがたくさんありました。

聴いててわくわくした!いいね!

 

私は誰かと合わせるのが苦手。

伴奏とかで相手に合わせるのはできるけど、

自分が主で、誰かと音楽を作るっての、実は初めて。

だけど今日、この曲はこうしようとか、少しだけでも話せてとてもうれしかった。

一緒に音楽を考えてくれたのが、とてもうれしかった!

 

今さらながら、音楽って楽しいんだなって思いました。

私、実はあんまり、音楽って楽しい!っていうイメージがない。

音楽が好きで仕方がない!と思ってるわけでもない。なんだろう。

うまく言えないけど、自分のコミュニケーションのうちのひとつって感じがする。

言葉を話すとか、文章を書くとか、そういう行為と一緒。

だから、ただただ演奏するのが楽しい!と思うことは、正直あんまりないんです。

ただ、ライブはしたくてしかたがないし、もっと伝えられるようになりたい。

表現したい、伝えてみたい!という欲求。それが一番大きくて、歌ってる。

準備は好き。つくるのも苦しいけど好き。

でも、今まで紗来展の準備は、ずっと不安との格闘で、終わってようやく

「楽しかったな…」って思えるんですけど…

 

今日は楽しかった。

武間くんが「楽しみだね」と言ってくれて、うれしかった。

 

もっと心を開いていいんだろうなと思った。音楽に対して。

私って、結構がちがちに心を固めてるんだな。

かたくなで、頑固で、ゆるせなくて、プライドも高くて、

自分の音楽に、がちがちになってるところがある。

そう感じた。

 

武間くんはその反対だと思う。

いつも扉が開いているイメージ。

誰も閉め出さない。風が通っている。

だから学ぶことがとても多い。

 

たくさん学ぼうと思う。

「楽しさ」の本当の意味を、知れる気がした。

そんな本番5日前。

“4日前:自信を失い、しかし楽しさを知る” への4件のコメント

  1. 台本家に置いておいたら、うちの母親が勝手に読んでて
    「すごい才能だな・・・。」って言ってたよ。
    どんどん良くなってると思うし、自信持って良かと思います。

    扉空いてる?^^;よく分からんが。そんなお褒め頂くようなことじゃないよ。
    しかし、色んな人にサポートに入るけど、今回の曲は段違いに難しい!こんなに苦戦したのは初めて。聴いてたらなんでもないように聴こえるけど、演奏しようと思ったら難しさハンパない!^^;

    1. ぶまくん
      おお、お母さん読んでくださったのね!笑 嬉しいです。ありがとうございます!

      扉開いてるよ!それこそ才能だと思うけどな。だからみんなサポートお願いするんだよ!
      今回の曲むずかしいね… 短い時間でほんとにありがとうね!!
      昨日あれからオケ直してみました!
      録音聴いたらやっぱりギターがすごくよかったから、ぜひガンガンに弾鳴らしてもらいたいなと思う!
      あとちょっと、よろしくお願いします。

  2. 差来さんは、成功の秘訣は「三意」だと云うことを聞いたことがありますか?

    ワタシのお仕事現役時代は、ほとんど会社の購買部相手に工業資材を販売する
    営業関係の業務を担当してましたが、入社時から先輩に徹底的にたたきこまれたのが
    営業の極意は「三意」を忘れないことだと・・・

    「誠意、熱意、創意」の三つの「意」です。  これはなにも仕事だけでなく、
    なにかを成すには必要なことですよね。  ワタシはコレに加えてもう一つの「意」
    「意欲(すなわち、やる気)」が備われば鬼に金棒だと思って、それを信条としてきました。

    紗来さんの目指すものに触れてまだ日が浅いでけど、紗来ミュージックを
    聴いたり、このブログで紗来さんの悩みや考え方を読んだりしてたら、紗来さんには
    この四つの意が充分備わってると見てます。

    トライ・アンド・エラーを繰り返しながら成長していけるのは、若い人の特権です。

    紗来さんの音楽を評価し、応援して行くことを決めたフアンが、ここに間違いなくいますよ。

    開演までは大いに緊張して、スタートしたら「肩のチカラ」を抜いて、今、持ってるチカラを
    充分発揮して下さい。きっとまた紗来フアンが増えると思います。

    ちょっと、お説教みたいになっちゃいました・・・

    1. 夜の騎士さん
      ありがとうございます!なんだか、すごく大切な言葉をいただきました!!
      誠意、熱意、創意、意欲… ほんとですね。どれも大切で欠かせないですね。
      まだまだ自分には足りないものだと思いますが、少しでもそれを感じていただけるなら、
      このまま頑張っていこうと思えます。

      今回は本当によく悩みました。いつも悩んでいますが、
      それでも今回は、意欲を失うほど嫌になってしまった時も、正直ありました。
      だけど、夜の騎士さんを始め、私の音楽を応援してくださる方のおかげで
      徐々に四つの意を少しずつ取り戻せた気がします。

      たくさん緊張して、不安も感じて、やるだけやったら、
      本番は思い切り翼を広げて歌おうと思います!
      楽しみにしていてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)