こんばんは。紗来です。

気づけば、昨日は満月だったんですよね。

しかも月食だったんですよね。

今回は全然見ませんでしたが…

 

 

満月と言えば、数ヶ月前にある夢を見て

その夢の内容がとても鮮明で印象的だったので、物語に起こしました。

 

以前ピンクさつまいものブログでも掲載したのですが、

今日またふと思い出したので、作品の一つとしてしつこく載せてみます。

なかなか長めの文章なので、お暇なときにご一読下さいませ…!

 

満月の夜のもののけの物語です。

 

 

————————————————————————

 

「満月夜奇譚」

 

満月の夜のことであった。

ある生き物が、山の小道を登っていた。

 

それは人間から「もののけ」と呼ばれるような生き物である。

体は熊のように大きいが、全身に毛は無く、皮膚は真っ白であった。

大きな肩に埋もれる頭には、黄色く光る目がふたつ。

二本足でのしのしと歩く。

遠くから見れば人間と見間違うかもしれぬ。

 

生き物は腹を抱えていた。

そこに子を宿していたからだ。

息は荒く、辛そうに山道を登っている。

月明かりが白い皮膚を照らし出していた。

 

しばらく行って崖に出た。

生き物は座り込んだ。

これ以上は歩けそうにない。

腹は今にもはち切れぬばかりにふくれている。

 

生き物は知っていた。

己はもう生きることはできぬ。

己の力ではこの子を生んでやることができぬ。

しかしなんとしても生んでやらねばならぬ。

 

見上げれば煌煌と輝く満月があった。

月の光か。

ここならば木々に邪魔されず、常に光が当たるであろう。

生き物はそれに託すことにした。

 

ひとつ呼吸をしてから、生き物は歌を歌いだした。

それは人間には到底聴き取れぬ歌であった。

 

生き物は事切れた。

 

 

 

子は腹の中ですでに起きていた。

母が山道を登るのを知っていた。

立ち止まり歌を歌うのも聴いていた。

今しがた事切れたことも知っていた。

 

このまま腹の中にいれば、己は生まれることはできぬ。

子は母の腹を破ることにした。

 

厚い皮を破ってなんとか外に出た。

見上げると煌煌と輝く満月があった。

子は己の足で歩き出した。

 

 

 

 

子はその山で生きた。

毎晩月が出れば己が生まれた崖に行った。

母の亡がらは朽ちること無くそこにあり続けた。

 

月は欠け、ふたたび満ちた。

 

子はいつものように崖に行った。

そしていつものように遠目に母の亡がらを見た。

しかしその日は何かが違った。

子は母の亡がらに近づき、耳を澄ました。

 

心の臓の動く音がする。

しかもひとつではない。

二つ、三つ、四つ…五つか。

 

子は母の腹に触れた。

己が破ったその下のあたり、冷たき白い皮膚の奥に、確かな熱を感じた。

 

子がいる。

 

己だけではなかったのだ。

 

なんとしても生まれさせてやらねばならぬ。

 

しかし母の皮膚は厚い。

破ることができたのは内側からであったからか。

外からは手出しが出来ぬ。

己の力では子らを出してやることはできぬ。

 

見上げると煌煌と輝く満月があった。

子は己が生まれた日を思い出した。

あの日も満月であった。

 

子はひとつ呼吸をしてから、歌を歌いだした。

あの日母が歌った歌であった。

 

すると母の腹がうごめき出した。

四方八方にこぶのようなふくらみができた。

それがひとつずつはじけるように割れ、己と同じ姿の子らが出て来た。

すべての子が外へ出ると、母の亡がらはゆっくりと横に倒れた。

 

 

 

 

子らはその山で生きた。

毎晩月が出れば己らが生まれた崖に行った。

しかしもうそこに母の亡がらは無い。

 

 

“【物語】満月夜奇譚” への2件のコメント

  1. お久しぶりです。先日は、ライブに行けず残念でした。
    さきさんもまっささんもお互いに忙しく、二人で活動することが少ないみたいで少し寂しいです。
    まっさんが夏に舞台出演があるから、仕方ないのですがね。

    1. とがしさん
      超お久しぶりです!お元気ですか?!ブログ見てくださってありがとうございます!!
      そうですね!まっさの個人活動に触発されて、私も新しい挑戦を始めてみました^^
      ピンさつはピンさつで続けていくので、またライブの時はぜひお越し下さい〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)