ようやく春めいた気候になったような…

それでもまだ寒いですね。

春は近いようで遠いようで…

 

最近、ありがたいことにライブの機会が増えてきました。

徐々にですが、歌う場所が増えていることが本当に嬉しい。

 

そんな中で最近感じるのが、ほんとに、

すべてのものは変化するのだということ。

 

昨年、初めてソロで歌い始め、計3回の「紗来展」を開きましたが、

その都度、私の「歌う理由」は変わっていった気がする。

 

歌い始めた時は、とてもハングリーな気持ちがありました。

孤独で、自分の殻に閉じこもりがちで、

だから、私の感情に共感してくれる人がいることに、ものすごい感動があったし、

「寂しいんだ!私のこと、わかって!!」という気持ちが何より強かったです。

 

けれど、徐々にその気持ちも変わってきました。

歌っていく中で、少しずつではありますが、確かな手応えを感じ、

本当に共感してくれる人が、ちゃんといるんだっていう自信もついた。

歌うことで、初めて人とつながれた気がする。

 

もう私は、ひとりじゃないと、本当に思う。

 

応援してくれる人たちのあたたかさが、わかる。

本当に感じる。

だから、もう「私はひとりぼっち」だなんて、とても思えない。

私は、みんなの中で生きている。

みんなのおかげで生きて、歌っている。

 

もう、私の歌う理由は「寂しいから」だけじゃなくて

何か別のものに変わりつつある。

それが「こういうものだ」とは、まだうまく言えないけど…

もう、前とは違う理由で歌っている。

それに、最近ちょっと戸惑ったりもしたけれど

 

だけど、思う。

こうやって、私も、まわりも、すべて変わっていく。

だから、「昔はこう感じてたのに」とか、とらわれる必要はまったく無くて

そして、変わることがいいことだとか、悪いことだとか、そういうことでもなくて、

ただただ、変わっていく自分に、世界に、

その都度対応していくのが大切なんだと思った。

 

私の歌う理由は、きっとどんどん変わっていく。

だから、その度に、それをしっかり見つめて、

その上で私に何ができるのか、きちんと考えて行動していこうと思う。

 

そしてどんなにその理由が変わったとしても、

私は表現することを、死ぬまでやめないと思う。

やめたくないと、今、思う。

 

“変わる、わたし” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)